値引きの本音

もし、「価格では量販店に対抗できない」のならコレを試してください。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

何だかんだ言っても、値引きはもっとも効果のある販促策です。

ほとんどの店はセールで売上を作っています。正札販売が基本の百貨店も、大きな売上はセールで上げています。

でも、なぜ、値引きすると売れるのでしょうか?

「そんなの当たり前」と言わずに、少し考えてみましょう。

続きを読む…

「君の販売の方法は古いと言われました」

方法というよりキャラクターなのかもしれませんね。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

渡辺さんから「君の販売方法は古いと言われました」という質問を頂きました。渡辺さんはスポーツショップでパートしています。

販売業を始めて34年になります。

時代は移り変わり販売の方法も少しずつ変わってきました。

先日、社長に君の販売の方法は古いと言われてしまいました。

「バブルの時のような乗せて買わせる方法は通用しない」とまで…

続きを読む…

あなたは自分の商品は好きですか?

「商品を好きなヤツは使えない」

財務屋やコンサルタントは「商品を好きなヤツは使えない」と言います。

しかし、コレは間違っています。

商品が好きでなければ、勉強しようと思わないし、勉強しなければ商品を見る目は養われません。商品を見る目がなければ、お客様が買ってくれるかどうかわかりません。

商品が好きでなければ、商売で成功するのは難しいと言えるでしょう。

続きを読む…

売れるベネフィットの作り方

ベネフィットとは?

ベネフィットとは、便益と訳される通り、お客様が商品を使うことによって得られるメリットのことです。

お客様は商品を買っているのではありません。商品を使ったことで得られるメリットが欲しくて商品を買うのです。

たとえば、私がベートーヴェンを聴くのはCDがほしいからではありません。構造が論理的で、それを解析しながら聴くのが楽しいからCDを買うのです。

続きを読む…

市場や商品の未来を予測する方法

あなたは未来のことがわかったらいいと思いませんか?

商品の売れ行きがどうなるかわかったらどんなに商売が楽になるか!

未来を予測するなんて不可能だと思うかもしれません。確かに、明日何が起こるかを予測することは難しいです。

しかし、予測する対象が「商品」なら、ある手法を使って、かなりの精度で予測することができます。

続きを読む…

お客様を不快にする3つのNG

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

売れる店作りのためには好感度を高めることが重要です。その好感度を大きく左右するのが接客です。

「うちは接客しないから」なんて思っていたらとんでもないことです。

そう言う店ほどお客様を不快にする3つのNGを犯しがちです。お客様を不快にする3つのNGとは?

続きを読む…

ユニークな強みに気づかない人たち

知らない人はまったく気づかないモノです。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

「半年以内に30%売上を上げろ!できなければクビ!!」と言われて、新宿店の店長の辞令を受けたとき、もう一つの売場の閉鎖が決まっていました。

この店は、’97年のグランドオープンの時には10階建てのビルの全フロアを使って営業していました。売場は4フロアで、インターネットカフェ、パソコン教室、サポートコーナーで3フロア、残りの3フロアはメーカーに貸し出しています。

ただ、「家賃が高すぎる」として、’98年までには全メーカーが撤退。3フロアが閉鎖になり、7フロアが6フロアに、1年前に6フロアが5フロアにと、毎年のように売場が小さくなっています。

年々売場が小さくなる店、あなたはどう感じますか?

続きを読む…

クレームを素早く解決できる3原則

キーワードは「スグ」です。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

店の仕事の中で一番やりたくないことの第1位が「クレーム対応」です。

それはもっともです。

クレーム対応はお客様に怒られることが多いです。お客様とケンカしても私たちに勝ち目はありません。我慢しなければならないのでストレスになります。

ただ、クレーム対応にも技術があります。販売技術と同じように。技術は学ぶことができます。

クレーム対応の基本技術が「クレームを素早く解決できる3原則」です。

この技術を使えば、普通のクレームはカンタンに解決できるでしょう。

続きを読む…

高額商品の裏事情

スキャンダルではありません、残念ですが。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

商品が高額な理由には、裏があります。

あなたは高額商品の裏事情はわかりますか?

あなたの店がプレミア価格の商品を提供していればわかるでしょう。

ただ、そのような商品を提供していない店はわからないかもしれません。

そんな高額商品の裏事情とは?

続きを読む…

「思い出」商品は売れる

売れるキーワードは「思い出は常に美しい」です。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

私が今年の夏に好きになったモノがあります。

「お前の好みなどに興味はない」?

まあ、そう言わずお付き合いください。確かに、ほとんどは私の好みの話ですが、要は、売れる商品のアイデアの話なので。

よろしいですか?

では。

あなたが千葉県人でない限り、コレは知らないと思います。

なぜなら、千葉県と一部の地域だけでしか買えない飲み物だからです。

続きを読む…