タグ別アーカイブ: VMD

そのVMD、間違ってます!

VMDは先に商品ありきです。絶対に後ではないです。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

”新人アパレル店員”さんと名乗る人から「店長からクリスマスをテーマにVMDを任されました。アドバイスをお願いします」というメールを頂きました。

何となく、誰彼かまわず送っている感じがするメールです。「アドバイスをお願いします」という曖昧な質問がそれっぽいです。

本気でアドバイスが必要な人はもっと具体的に聞きますからね。

というわけで、何が聞きたいのかわからないので質問には答えられません。

それでも、質問の中で一つ、引っかかったことがあります。

それは「クリスマスをテーマにVMD」ってことです。

続きを読む…

VMDの基礎知識

VMDとはビジュアル・マーチャンダイジング(Visual Merchandising)の略です。

VMDには2つの意味があります。

1.視覚に訴える商品計画、売場演出を行うこと
2.商品を視覚的に見せる演出テクニック

この2つは、それぞれまったく異なるモノです。

VMDの説明がわかりにくい理由は、まったく異なるモノを同列に説明しようとするからです。

この記事ではVMDをわかりやすく説明するため、この2つを分けて説明しています。

まずは「VMDの3つの陳列テクニック」で2の基本を説明します。こっちはただのテクニックなので理解しやすいです。

その後「VMDの構成要素」で1の基本を説明します。コレはよく見かける内容ですが、ココまで具体的に書いたモノはなかなかないと思います。

ただ、「VMDの構成要素」だけではピンとこない人が多いと思います。そりゃそうです、「VMDの構成要素」は何をどう売るかと一緒に考えないと意味がないからです。

そこで「商品からVMDを考える」で具体的な例を挙げて説明しています。

コレだけわかりやすいVMDの記事って他にないと思います。

しかし、誰でも読んでいいわけではありません。

続きを読む…

VMDは死語である

VMDなんてもう言わない方がいいです。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

書店で本を物色していたら、知っているコンサルタントの新刊が目にとまりました。

目にとまったのは知っているからではありません。

以前使っていた肩書きがなくなっていたからです。

肩書きから「VMDコンサルタント」が消えていたのです。

彼女の著書は2冊持っていますが、2冊とも「VMDコンサルタント」と入っていました。

そう言えば、7~8年前にセミナーに参加したときも、彼女は「VMDコンサルタント」と名乗っていました。

続きを読む…

VMDってもういいでしょ?

おはようございます、小宮です。

VMDとはビジュアル・マーチャンダイジング(Visual Merchandising)の略です。

ではどう言う意味でしょうか?

コレが難しい。

VMDの元々の意味は視覚に訴える商品計画、売場演出を行うことでした。

しかし、今は売場作りに関わるモノ、何でもかんでもVMDって感じになっています。

伊勢丹躍進の要因がVMDだと宣伝されたことでコンサルタント連中が便乗した結果なのでしょうね、きっと。

売場って視覚に訴えるモノだから間違ってはいないんですが。

私が売場の仕事を始めた80年代前半のVMDとは、「見せた方がわかりやすいモノは見せて売れ」というだけの意味でした。

胸ポケットにベルトの付いた夏物のシャツがあります。このベルトはサングラスを引っかけておくのに使います。

このシャツの特長をお客様に伝えるにはどうしたらいいと思います?

POPを付ける? 声出しする? 接客する?

それもいいですが、もっとカンタンな方法があります。

ベルトにサングラスを掛けてマネキンに着せて展示すればいいんです。

当時、VMDはこれくらいの意味しかなかったんですよ、マジで。

最近の何でもかんでもVMDに食傷気味の小宮でした。

商品を「展示」していますか?

おはようございます、小宮です。

あなたのお店では商品を展示していますか?

「陳列」の間違いではありません。「展示」です。

私が育った家電・パソコンの世界では、商品は「陳列」するモノではなく「展示」するモノでした。

陳列と展示はどう違うのでしょうか?

続きを読む…