スポンサーリンク

VMDは死語である

VMDなんてもう言わない方がいいです。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

書店で本を物色していたら、知っているコンサルタントの新刊が目にとまりました。

目にとまったのは知っているからではありません。

以前使っていた肩書きがなくなっていたからです。

肩書きから「VMDコンサルタント」が消えていたのです。

彼女の著書は2冊持っていますが、2冊とも「VMDコンサルタント」と入っていました。

そう言えば、7~8年前にセミナーに参加したときも、彼女は「VMDコンサルタント」と名乗っていました。

スポンサーリンク

「VMDコンサルタント」が消えた理由?

どうして「VMDコンサルタント」と名乗らなくなったのだと思います?

たぶん、「VMD」と言う言葉がダサくなったからです。

そもそもVMDと言う言葉が広く知られるようになったのは10年前、「伊勢丹の躍進=VMD」とビジネス誌で取り上げられたからです。

小売り系のコンサルタントが一斉に「VMDコンサルタント」と名乗り始めたのはこの頃です。

「VMDなんか知らないだろ?」っていう連中まで名乗っていたのは笑いましたが。

それでも、VMD自体はそれ以前からあるノウハウです。

だから、万が一知らなくても情報はいっぱいあります。勉強するのもカンタンです。

VMDの魔法が解けた

ところが、伊勢丹の業績不振で風向きが変わりました。

小売りの関係者が「VMDも売上を上げる魔法ではない」と気づいてしまいました。

まあ、元々そんなモノはないんですがね。

以来、VMDと言う言葉の価値も暴落しています。

もうすぐ、単品管理や顧客満足経営と言った、ビジネス死語の仲間入りです。

もちろん、VMD自体は何も変わってないのですが。

そもそもVMDとは?

VMDとは、売りたい商品を、

  • 店頭でアピールし(ビジュアル・プレゼンテーション)、
  • 売場に展示して商品を体験して頂き(ポイント・プレゼンテーション)、
  • 陳列棚から商品を手に取り(アイテム・プレゼンテーション)、

レジに持ってきていただくことです。

実はコレ、売場作りの基本です。別にVMDを持ち出すまでもないです。

まあ、VMD用語の方が頭良さそうに感じますけど。

あとVMDのテクニックとされている、シンメトリー、トライアングル、リピテーションも元々は美術用語です。VMDの発明ではありません。

と言うことは、VMDも死語でいいかもしれません。

ちなみに、この記事を書くに当たって、元VMDコンサルタントに、肩書きを消した理由をメールで問い合わせました。1週間たちますがまだ返事はないです。

売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと

あなたは全部わかりますか?

答えはこちらにあります。

ブログには書けない、
販売と集客の本当のことはメールマガジンで!

「え? ブログにはウソが書いてあると言うこと?」
いいえ、さすがにそうではありません……

続きはココをクリック

コメント

タイトルとURLをコピーしました