スポンサーリンク

商品を「展示」していますか?

おはようございます、小宮です。

あなたのお店では商品を展示していますか?

「陳列」の間違いではありません。「展示」です。

私が育った家電・パソコンの世界では、商品は「陳列」するモノではなく「展示」するモノでした。

陳列と展示はどう違うのでしょうか?

私が店長だった頃は次のように使い分けていました。

パソコンを箱から出し、OSをセットアップし、お客が実際に見て触って体験できるようにすることが展示でした。

一方、同じパソコンでも売場に箱積みするときは陳列と言っていました。

ちなみに意識していたわけではありません。そのように身体に染みついていたのです。

VMDの用語で言えば、VP(ビジュアル・プレゼンテーション)とPP(ポイント・プレゼンテーション)が展示、IP(アイテム・プレゼンテーション)が陳列というイメージです。

え?余計わかりにくい?それは失礼!

ただ、たまにはこう言う難しそうなことを書いておかないとアレなので・・・

展示する最大のメリットは商品を使うイメージを提供できることです。

どうして商品を使うイメージを提供するのだと思います?

この方が売れるからです。

人は使い方がわかると商品がほしくなるものです。

パソコンに触ったことがない人、使い方がわからない人は「パソコンなんか必要ない」と言います。

だって知らないから。

ところが、実際にパソコンを触り、「自分でも使えそうだ」と感じ、さらに自分のメリットになる使い方があれば欲しくなります。

商品を欲しくさせるセールスマンは一流どころです。二流のセールスマンは欲しいお客に売ることしかできません。

商品を「展示」すると、一流セールスマンがいなくても商品を欲しくさせることができるわけです。

あなたも商品を展示してみませんか?

展示にお薦めの場所は通路沿いのエンド、柱廻り、壁際です。

中でも特にお勧めなのが通路沿いのエンド。

ココ、圧倒的多数のお店が特売品スペースになっています。

特売品を売って儲かるならいいんですよ、そのままで。

でも儲からないなら?

まずは特売品のスペースを一つ、展示スペースに変えてみて下さい。

展示についてもう少し知りたいですか?

展示に関する実務的なテクニックは11月11日のメールマガジンに書きます。

メールマガジンの登録はお済みですか?

メールマガジンの登録がまだの方はこちらから登録して下さい。

「お客が来ない」とお困りの店長さんへ

無料で「お店集客ツールキット」を差し上げたいのですが……
受け取って頂けますか?

コメント