ストアオペレーション」カテゴリーアーカイブ

20年前のiMac狂想曲

1日遅れで恥ずかしいのですが……1998年の8月29日、初代iMacが発売されました。

iMacはアップルジャパンが販売店を絞っていました。絞ったのは会社ではなく、店舗でした。したがって、同じチェーンでも買える店、買えない店が出てきました。

私たちの会社は19店舗ありましたが、最初にアップルジャパン様の販売許可が降りたのは10店舗だけでした。秋葉原や大阪日本橋以外は、地域一番店(とアップルが考える)店だけが売ることができました。

幸い、私の店は販売許可が下りました。私の店は千葉県の湾岸エリアにありました。この地域でiMacが買えるのは私の店だけです。私の店以外で買おうと思ったら秋葉原か、千葉駅前のヨドバシカメラに行かなければならなかったのです。

正直言うと、私はiMacはまったくノーマークでした。発表されたことは知っていました。しかし、売れるとはまったく思っていませんでした。

続きを読む…

「ダントツ最下位を脱出できました」

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

「売上を作る暗黙の了解」を読んだ、しほりさんから感想を頂きました。

3ヶ月前、オーナーから店長を任されたので店長養成講座で勉強させて頂いております。

この店は地域に12店舗ある中、これまでダントツの最下位でした。

続きを読む…

オーナーは舌打ちをして「帰っていいよ」と言った

私が彼の聞きたいことを言わなかったからです。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

3月に実施した無料コンサルのネタがまだあります。

今日の話は、コンビニオーナーとの無料コンサルでの出来事です。

「開店から4年、一度も前年をクリアしたことがない」との相談でした。カンタンに言うと、1年目をピークに売上がじり貧だと言うことです。

続きを読む…

セブンイレブンのネットコンビニ

結局、このシステムを動かすのは人です。セブンイレブンに人は動かせるのでしょうか?

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

日本経済新聞によると、セブンイレブンがネットコンビニというサービスを始めるとのことです。

ネットコンビニと言っても、アマゾンのように物流センターから届けるのではなく、店舗の在庫を使うようです。

このネットコンビニに関する成否についてはメディアやジャーナリスト、評論家によって真っ二つに分かれているようです。

続きを読む…

売れる店にできる万能薬

「必ず売上が上がる」とは保証できませんが、やれば必ずプラスになります。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

店作りに難しいことは一切ありません。やって当たり前のことを当たり前にやれば必ず売れる店にできます。売れないのは当たり前のことができていないか、当たり前のレベルが低すぎるのです。

どうしてそんなことが言えるのでしょうか?

続きを読む…

お客様と店のDNA

今日の記事に答えはありませんので。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

お客様なしで店は営業できません。あなたはお客様を無視した商売をしていませんか?

「お客様を無視していい」なんて、商売をする人間の誰一人思っていません。あなたもきっとそうでしょう。しかし、気づかないから厄介なのです。

店は「自分の店はこうである」と言うカタチを持っています。ポリシーとかコンセプトと言ってもいいでしょう。

こうしたカタチは、店が成功する過程で生まれて育まれたものです。店のDNAとも言える大切なものです。

しかし、お客様が求めるものとDNAが違ったら、どちらを選べばいいのでしょうか?

続きを読む…

無人レジが店を変える

それは人手不足の解消なんかではありません。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

コンビニ大手のローソンは、レジに並ばずに買い物ができる「ローソンスマホペイ」の実証実験を4月23日から始めました。

「ローソンスマホペイ」とは、スマートフォンにインストールしたアプリを使ってその場で商品をスキャンして決済が可能なサービスです。

米国ではAmazonGoというレジなしコンビニが営業しています。「日本でもようやく実験が始まったのか」という感じです。

無地レジのメリットというと、日本のメディアでは人員削減という視点で語られることが多いです。

しかし、私は違うと思います。無人レジのメリットは、売上アップの方程式が仮のモノから真のモノに変わることだと、私は考えます。

続きを読む…

ライバルは本当に「すごい」のか?

あなたのライバルも、実はたいしたことないのかもしれません。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

まずは写真をご覧ください。

これはあるコンビニの店頭です。

開店前ではなく、普通に営業している店です。

あなたはこの写真を見てどう思いました?

続きを読む…

あなたの本気は部下に伝わっていますか?

春は店を立て直す絶好の機会です。ただし、あなたが「本気だ」と、部下が信じれば、ですが。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

出先でのことです。

あるカジュアル衣料品店を訪問しました。

クライアントさんの競合店なので見ておこうと思ったのです。

店に入ると、二人の女性店員がおしゃべりをしていました。私が来たことにも気づかないほど夢中になっていました。

「教育がなってないな」と思いましたが、その感想は店員の一人が発した次の言葉で吹き飛びました。

続きを読む…