お客が来ないときは?

スポンサーリンク

おはようございます、小宮です。

お客が来ないときは、お客を集めるために行動する必要があります。

しかし、「お客が来ない」と嘆いているのに、お客を集めるために行動していない店がたくさんあります。

お客を集めるための行動とは、最低でも、お客のいるところに行って、「店に来てください」と言うことです。こんなこともできなければお客など来るわけがありません。

店の中でアレコレやってもお客は来ません。好感度の高い売場を作るのも、とお客の買いたい商品を用意するのも、売れる店作りのためには極めて重要ですが、あくまでお客がいての話です。

ある程度の数のお客がいなければ、自分たちの店作りが正しいのか、つまり、お客に受け入れられているのかどうか、判断しようがありません。お客がいることは店作りの前提なのです。

お客が来ても売れるとは限らない

甘い考えの人が多いので念を押しておきますが、お客を集めても売れるとは限りません。

売場の好感度が低かったり、お客の買いたい商品がなかったらお客は決して買おうとしないでしょう。この辺りが他の商売と比べて店の難しいところです。

恥ずかしながら、私がいたパソコン専門店は、その末期、「お客は入るけど売れない店」として取引先に評価されていました。噂で聞いたのではありません。営業マンに直接「こんなにお客さんが入っているのに、どうして売れないんですかね?」と質問されましたからね。

今思えば売れない理由はカンタンです。好感度が低く、お客の買いたい商品もなかったからです。

同じ頃、コンサルタントからは「店が暗い」と、常連客からは「何もないじゃないか!」とも言われていました。要は、売場の好感度も、お客が買いたい商品もなかったんですね。

だから、お客を集めたら売れるなんて幻想は捨ててください。お客がいるのは店作りの前提なのです。

お客が来ないならコレをやれ

幸い、店は、他の商売と比べるとお客を集めるのはカンタンです。営業マンや通販業者はお客を集めるのに大変な苦労をしています。それと比べたら屁みたいなもんです。

お客が来ないなら、次のようにすればいいんです!

1.お客が店に来たくなる目玉商品、または目玉企画を用意する。
2.チラシを作る。
3.お客がいそうなところへ行って配る。

コレだけです。

これでお客が集まらなければ、目玉が目玉になっていないか、配り方が悪いんです。もう一度、集客の基本を学びなおしましょう。

ちなみに、集客の基本ではないのですが、集客の手順をステップ・バイ・ステップで解説した店長養成講座のプログラムがこちらです。

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

集客
スポンサーリンク
小宮秀一をフォローする
店長養成講座

コメント

  1. 督名 より:

    13日と14日の二日間、お客0エア客状態でした。もうそろそろ来るはずなのに結局一人も来ませんでした。
    お客は俺を侮辱しているとしか感じません!
    今日以降来たら”何で水曜か昨日来なかった!あんたが来ない為に客が来なかった”と問い詰めてやろうと思います!
    そのお客が来なかった事が責任と思います!

  2. 記事にもある通り、お客を集めるには、お客が来たくなる目玉商品を用意し、チラシを作り、お客のいそうなところへ行って配ればいいです。

    御社の業態なら、チラシを配るまでもなく、顧客リストへ電話すればいいのではないでしょうか。

  3. より:

    こんにちは、理容店を営んでいますが暑さのせいなのかでお客が来なく嘆いています。昨日は最悪にも一人も来ていません今日もお客も朝から誰も来なく為、2日連続客数0が続き焦りが募りイライラし母親とケンカになってしまう事もあります。どうしたらよいでしょうか?