スポンサーリンク

なぜ、整理されていないノウハウはゴミなのか?

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

もし、ある商品の売上を2倍にしなければならないとしたら、あなたは何をしますか?

その場合、フェイスを2倍にするというテクニックがあります。

なぜなら、1フェイスを2フェイスにすると売上は2倍になるからです。

このテクニックを知らない人はいないと思います。「2倍? マジで?」と思う人はいるかもしれませんが。

確かに、どんな商品でも、フェイスを2倍にしたら売上も2倍になるか、と言ったらそんなことはありません。

それはどうしてなのでしょうか?

フェイスを2倍にするテクニックには、それ以外に準備と後始末が必要だからです。

たとえば、その商品のニーズは強いのでしょうか?

ニーズが弱ければフェイスを2倍にしても売れないでしょう。

つまり、フェイスを2倍というテクニックを知っていたとしても、商品のニーズを調べる方法を知らないと役に立たないと言うことです。

このように、テクニックだけを知っていて、それに関連する情報を知らないことを整理されていないノウハウと言います。

このことを知らないバカが「フェイスを2倍にしても売れない」とか言い出すのです。売れないのはテクニックの断片しか知らないせいなのに……。

実は、この種の間違いは集客テクニックに多いです。集客テクニックに関する間違いは大きいモノが2つあります。

スポンサーリンク

店があることが販促

たとえば、「うちは店があることが販促」とか言う店があります。だから、集客に金を掛ける必要はないというのです。

なるほど、それは素晴らしい。

では、「どんなに魅力的な顧客体験を提供しているか」と店を見るとごく普通です。学びもなければ、プレミアムな商品もない。どこにでもある普通の店です。

「店があることが販促」と言う店は、お客様に1円も掛けたくないと思っているのでしょう。「顧客獲得を偶然に頼る」とはこのことです。

このような店を見せられる度、腹が立ちます。コレってただ単に、集客の方法を知らないだけじゃないですか!

名前を売る広告を出している

お客様にお金を掛ける店でも間違いを見かけます。

それが名前を売る広告を出すことです。

広告には、名前を売る広告と商品を売る広告の2つがあります。

私たちの場合、商品を売る広告の一択です。名前を売る広告などやる意味がありません。

たとえば、「この街の未来のために」とか言うキャッチコピーなど、金をドブに捨てるようなモノです。なぜなら、反応があったかどうかわからないからです。

中小企業の私たちは計測できないモノに金を掛けてはいけないです。それが許されるのは税金対策が必要になったときです。利益を出すのにヒーコラ入っている企業がやっていいものではないです。

原因はノウハウが整理されていないから

なぜ、このような間違いが起こるのでしょうか?

その原因こそ、ノウハウが整理されていないからです。

集客テクニックの全体像を知らないから、お客様に金を掛けたくないと思ったり、まったく意味のない、名前を売る広告を出したりするのです。

しかし、集客の全体像を学ぶには時間が掛かります。

そこで、全体像を学ぶことはできませんが、あなたの店のための、たった一つの集客策を見つけることができる方法があります。

それがこちらです。

今さら聞けない売上の作り方

店長養成講座の新教材「今さら聞けない売上の作り方」を今日12月8日(日)までに申し込むと特別価格で購入できます。

お客様が来ないと悩んでいる方へ

効果実証済みの集客ツールは必要ではありませんか?
間もなく申し込みは終了です。

今スグチェックする

ブログには書けない、
販売と集客の本当のことはメールマガジンで!

「え? ブログにはウソが書いてあると言うこと?」
いいえ、さすがにそうではありません……

続きはココをクリック

タイトルとURLをコピーしました