小宮は「従業員の味方」ではありません

PR

それどころか、できることをやらない従業員にとっては敵になるでしょう。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

久しぶりに勘違いのメールを送ってくる人がいました。

名前は伏せますが、コンビニのパートさんのようです。

「オーナーが責任を果たしていないという話に共感しました。うちのオーナーも『予約を取れ』と言うだけで台本を作っていませんでした。そのため私もノルマの達成ゼロでした。台本なしに指示しちゃダメですよね、、、小宮さんはパートの味方です」

このメールの元になった記事はこちらです。

私はあなた(このメールの送信者のこと)の味方ではありません。なぜならあなたにオーナーを批判する資格はないからです。

「台本がないからできない」という人は、台本があっても「台本が使えないからできない」というに決まっているからです。

私が台本を用意すべきだというのは、あなたのようにやらない人のためではありません。やる気があっても上手くできない人のために「台本を作りなさい」と言っているのです。

ここまでがメール送信者への回答です。

できることをやらないヤツが嫌い

私はできることをやらないヤツが嫌いです。昔の自分を見ているようで、生理的に嫌悪感があります。それは相手が社長だろうが、アルバイトだろうが関係ありません。

接客販売をやらせようというのに台本を用意しないオーナーは許せません。しかし、上司の指示を無視する従業員はもっと許せません。

台本がないから売れない? では、台本がなくても売ろうとする従業員はバカなのでしょうか?

そんなわけがありません。やる気がないのと、やる気があっても上手くできないのとでは、天と地ほども違います。たとえノルマゼロでも、そういう人には手を差し伸べなければならないのです。

一方、「恵方巻き、予約しませんか?」も言えない人は、誰かを批判する資格はありません。

確かに「恵方巻き、予約しませんか?」で買う人は極めて少ないです。それでも何も言わない人に比べたらチャンスはあるわけです。

チャンスさえ生み出そうとしないヤツは、たとえ同じノルマゼロでも、「恵方巻き、予約しませんか?」と言った人に劣るのです。

できることをやる

あなたがどんな立場でも、まずは、できることをやってみてください。

あなたがオーナー、店長なら台本を作ってください。台本も練習もなしで売れるわけがないです。それはあまりにも接客販売を舐めすぎです。

あなたがアルバイトなら「恵方巻き、予約しませんか?」と言ってみてください。それでもノルマゼロかもしれません。しかし、売ろうとする意思は、あなたの販売力になって返ってきます。なぜなら、売上は売ろうとする意思がある人のところにやってくるからです。

できることをやっている限り、私はあなたの味方でいられます。

同じことをやっているのに、
どうしてあの店は売れて、自分の店は売れないのか?

もし、あなたがそう感じるなら……
それは売上を作る暗黙の了解を知らないせいかもしれません。

■ あなたの店を最短で売上アップできる5つのステップとは?

今スグチェックする

PR

おすすめ記事

PR

関連記事