スポンサーリンク

「それではクリスマスケーキの予約は増えないです」

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

前回の記事「クリスマスケーキの予約を増やす方法」に「50人全員が買うわけではない。それではクリスマスケーキの予約は増えないのでは?」という質問を3件頂きました。

確かに、この方法だけでは予約は増えないです。

引っ越したりしていなくなった人もいるし、環境の変化でクリスマスケーキが必要なくなった人もいるでしょう。

50人全員が予約するわけではないのは確かです。

それでも、ゼロからスタートするよりは精神的に楽ではないですか?

0から100を目指すより、30から100を目指す方がカンタンでしょ?

まさか、コレだけで予約を増やそうと思っていませんよね?

スポンサーリンク

ダイレクトメールは必要?

「だったら、わざわざカネを掛けてダイレクトメールを打たなくても!」

そう思う人は従業員を信じすぎです。

全従業員が、去年予約したお客様の顔をすべて覚えていて、全員に売り込んでくれるとでも思っているのですか?

そんなことはあり得ないです。

去年予約したお客様全員に売り込むのはダイレクトメールに任せるのが安心です。

予約を増やすのはココにプラスしていけばいいのです。

たとえばダイレクトメールで対応できないお客様には次のような方法があります。

あなたの店で予約するメリットを用意する

お客様にあなたの店で予約してもらうには、あなたの店で買うメリットを用意します。

どうしてメリットが必要なのかわかります?

メリットがなければお客様はどこの店で買ってもいいわけです。同じチェーンなら商品も同じわけだし。

だから、あなたの店で買うメリットが必要なのです

メリットは2つ用意して下さい。

他の店ではなくあなたの店で予約するメリットと、後ではなく今スグ予約するメリットの2つです。

メリットはお客様が得をするモノなら何でもいいです。

ただ、今スグ予約するメリットは、早く予約すればするほどメリットが大きくなるようにします。

たとえば、早く予約するほど値引き額が大きいとか。

こうしたメリットをPOPやチラシ、声出しでお客様に伝えます。

え?金が掛かる?

当たり前ではないですか?

売上を伸ばそうと思ったらお金が掛かります。

一円も掛けずに予約を増やそうなんて考えがクリスマスケーキより甘いです!

え?単価が安くて経費が出ない?

だったら単価を上げればいいじゃないですか!

「店があることが販促」

「売上を伸ばそうと思ったらお金が掛かります」と言うと「店は店があることが販促だ」と反論されることがあります。

要は「販促には1円も使わない」と言いたいのでしょう。

そう言うからには、さぞ素晴らしい顧客体験を提供しているのでしょうね。

で、店に行ってみると、どこにでもある普通のコンビニです。

試食や試飲ができるわけでも、学びがあるわけでもない。プレミアムな商品があるわけでもない。

これで「店があることが販促」ですって?

冗談言っちゃあいけません。

「店があることが販促だ」と言うなら、それにふさわしい店を作ってから言ってください。

そうでなければ、ただ商売が下手くそなだけです。

今さら聞けない売上の作り方

店長養成講座の新教材「今さら聞けない売上の作り方」を今日12月8日(日)までに申し込むと特別価格で購入できます。

お客様が来ないと悩んでいる方へ

効果実証済みの集客ツールは必要ではありませんか?
間もなく申し込みは終了です。

今スグチェックする

ブログには書けない、
販売と集客の本当のことはメールマガジンで!

「え? ブログにはウソが書いてあると言うこと?」
いいえ、さすがにそうではありません……

続きはココをクリック

タイトルとURLをコピーしました