お客様が来ないとき、あなたは何をする?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

お客様が来ないとき、あなたは何をしますか?

レイアウトを変える? VMDを導入する? それとも品揃えを見直す?

これ、全部間違っています。

コレでできるのは、今、売場にいるお客様に買っていただくことです。

お客様が来ないときにやることではありません。

「お客様が来ないのでVMDを導入しましたが売れませんでした」

あったり前だっつーの!

スポンサーリンク

お客様に来て頂くアクションを

お客様が来ないのなら、お客様に来ていただくアクションが必要です。

たとえばチラシを配ること。

「お客様が来ないのでチラシを配りました」

こういう人は「お客様が来ないのでVMDを導入しました」という人より、問題を正しく認識しています。

しかし、問題なのはチラシの内容です。

「ポスティングでチラシを配ったけどお客様は来ませんでした」

どんなチラシを配ったのか、見せてもらうと「何じゃこりゃ!?」

何じゃこりゃのチラシ

「パソコン買うなら小宮商店で!」というヘッドラインに、「各社新商品絶賛販売中」というサブヘッドライン、あとは取扱メーカーの一覧と店名と電話番号が入っているだけ。

どうしてこのチラシを配ろうと思ったのでしょうか?

このチラシでお客様に来ていただけると思ったのでしょうか?

コレでお客様が来てくれたら奇跡ですわ!

集客はお願い

集客とはお願いです。

人様に何かお願いするときには見返りを用意するのが礼儀です。

見返りもなしにお願いするから無視されるのです。

集客の見返りがインセンティブ=お客様が得する提案です。

そして、どんなに得する提案でも後回しにしてしまうのが人間です。

人は明日できることは今日やりたくない生き物なのです。

そんな人間にすぐ行動してもらうために不可欠なのが限定です。

インセンティブと限定がないチラシは無意味なのです。

あなたがチラシを作るときには、インセンティブと限定を忘れないでくださいね。

インセンティブと限定の具体例はこちらに詳しいです。

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

コメント