クレーマーは出入り禁止にしなさい――ただし、本当のクレーマーに限る

スポンサーリンク

今日の質問は佐藤さんから「クレーマーへはどう対応したらいいですか?」というものです。

クレーマーは店から排除しましょう。

なぜなら、クレーマーはお客様ではないからです。

クレーマーは出入り禁止にしなさい――ただし、本当のクレーマーに限る

クレーマーは出入り禁止にしなさい――ただし、本当のクレーマーに限る

クレーマーはお客様ではない

なぜなら、クレーマーは店にも迷惑ですが、お客様にも迷惑だからです。

売場で怒鳴り散らされると、他のお客様が驚きます。お子さんや女性の方には恐怖を感じる人がいるかもしれません。

スタッフのミスを執拗に責め立てるクレーマーは、やられたスタッフの心が痛みます。たとえ病気にはならなくても、しばらく心が荒れるのは仕方ないでしょう。

「オレは客だ」と言って特別待遇を要求するクレーマーは、私たちの顧客の資産を横取りするのと一緒です。付き合うと損をするクレーマーはお客様ではなく、盗っ人に等しいです。

このように、クレーマーと付き合ってもいいことは何一つありません。積極的に店から排除してください。

クレーマーの排除の仕方

まずは「当店ではお客様の要望にお応えすることはできません」と言って、暗に店を利用しないように要求しましょう。もっともこう言うことに気づかないのがクレーマーなのですが。

このように言ってもクレーマー活動をするなら最後通告をしましょう。最後通告とは出入り禁止にすることです。

出入り禁止にしても、誰でも入れるから意味がないのでは?と思うかもしれません。

それは違います。なぜなら、店にはお客様を選ぶ権利があるからです。店は付き合いたいお客様とだけ付き合えるのです。

クレーマーへの最後通告

クレーマーへの最後通告は次のように行います。

「あなたを出入禁止にします。もう二度と店に来ないで下さい。もし次来たら警察に不法侵入で通報します」

「出入禁止」と言ったのにも関わらず、クレーマーが店に入ってきたら不法侵入で警察に通報することができます。

クレーマーを排除するには警察の力を使うことができるわけです。

クレーマーを出入り禁止にする具体的な手順はこちらを見てください。

クレーマーの見極めは慎重に

ただ、だからこそ、クレーマーの見極めは慎重に行なってください。

イヤなお客、気に入らないお客を、全員クレーマーにしないように気をつけてください。

クレーマーの見極めを慎重に行なうには次の3つの記事が参考になるでしょう。

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

コメント