セールス

「季節商品を売り込んだら昨対12%アップしました」

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

久しぶりに報告を頂いたので紹介します。

田村さんから「季節商品を売り込んだら全体の売上が昨年より12%アップしました」と言うメールを頂きました。

田村さんが昨対12%アップできたのは「売れる商品をもっと売る」を実践したからです。

田村さんからのメールは次の通り。

今までも季節商品は売ってきたつもりでしたが、今年は例年より2週間早く売場を作り、アイテム数も在庫数も倍以上品揃えしました。

正直売れなかったらどうしようとビビりましたが、12~1月の売上は昨年より12%増えました。

逆に今までどれだけ売り損なっていたかがわかってビビりました(笑)

田村さんのお店はいわゆる街の文具屋さんです。

実は「売れる商品をもっと売る」の「売れる商品」にはいろいろあります。

売上ランキングの上位だけが売れる商品とは限りません。

事実、売上ランキングの上位の商品をもっと売っても売れないことがありますし。

「売れ筋をもっと売る」ではなく「売れる商品をもっと売る」と言っているのはそういうわけです。

その辺りについてアドバイスしていたら田村さんから「季節商品を売り込んでみます」との返信が。

不覚にも驚きました。

私は文具に季節商品があることを知らなかったからです。

勉強不足でお恥ずかしい次第です。

売れる商品が決まったら目立つ場所に売場を作って売り込みます。

後の作業はひたすら仮説検証/Plan Do Checkの繰り返しです。

季節商品の中でも売れる商品、売れない商品が出てきます。

売れる商品に売場の経営資源を優先的に与えていきます。

その結果置ききれない商品は売場から撤去します。

この繰り返しで売上は上がります。

あなたも売上を上げたいですか?

それなら売れる商品をもっと売るのが近道です。

「売れる商品をもっと売る」は店作りの基本です。

店作りの基本を学びたいならこのブログを全部とメルマガを1年間読めばわかります。

「そんな面倒なことはイヤ」というならこちらをどうぞ。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

こちらの記事もどうですか?

  1. 松竹梅の法則の落とし穴

  2. なぜ品揃えが悪いと言われるのか?

  3. マーケティングなんて役に立たない

最近の記事

  1. 店作りの基本を無料で学びたいなら……

  2. なぜ、あなたの店は前年割れするのか?

  3. 法人に売るのがカンタンな3つの理由

  4. 品揃えが大手と同じになってしまう理由

カテゴリー

TOP