スポンサーリンク

少ない商品を多く見せる陳列法

おはようございます、小宮です。

「このサイトがどんな言葉で検索されているか?」を調べていたらこんなのが見つかりました。

「少ない商品を多く見せる陳列法」

で、このサイトを検索したらコレはと言う記事はありませんでした。

ので、ニーズにお応えします。

スポンサーリンク

少ない商品を多く見せる陳列とは?

そもそも、なぜ商品が少なく見えるのでしょうか?

それは、陳列量に対して陳列スペースが広すぎるからです。

と言うことは、商品を多く見せるには陳列スペースを縮小すればいいのです。

たとえば、フック陳列で10個陳列できるのに在庫が3個というような場合。

普通に陳列していると商品が少なく見えます。

そうならないために前出しをやるんですが、フック陳列の商品の売上は微々たるモノです。

わざわざ時間とコストを掛けてまで前出しする価値はありません。

現代の売場では効果の少ないことはやらないのが正義です。

こういうときは3個以上陳列できないようにしてしまいます。

陳列補助具のストッパーか、なければクリップで代用します。

棚陳列も同様です。

また、棚がスカスカに見える場合は陳列スペース自体を潰します。

たとえば、足下の陳列スペースにポスターや布を貼って売場として使えないようにします。

そうすれば陳列の密度が上がり、商品が多く見えます。

山積み陳列で多く見せたいときはピラミッド型に積み上げます。

立方体で積み上げるより商品点数が少なくて済みます。

ところで、なぜ、少ない商品を多く見せる必要があるのでしょうか?

お客に「品揃えが悪い」と言われたのでしょうか?

もしそうなら問題は陳列法ではありません。

こちらの記事の方があなたの役に立ちます。

なぜ品揃えが悪いと言われるのか?
あなたはお得意さんや友人から「品揃えが悪い」と言われることはありませんか? 苦言を言われるのはアレですが厳しいことを言ってくれる人は大切です。 そもそも99%のお客は「品揃えが悪い」と思ったら店を変えるだけですからね。 あ...

「お客が来ない」とお困りの店長さんへ

無料で「お店集客ツールキット」を差し上げたいのですが……
受け取って頂けますか?

コメント