セールス

科学的根拠には興味ないです

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

12月9日に書いた記事、お客は切り替えが上手じゃないですに対して「科学的根拠を挙げないと説得力がありません」と言う指摘を頂きました。

正直言って私は科学的根拠には興味ないです。

私の興味は売れるかどうかだけです。

だって、セールスより先に科学があったわけではないからです。

音楽と音楽理論、どっちが先にあったか?

言うまでもなく音楽です。

既にあった音楽を分析して生まれたのが音楽理論です。

セールスに関係する科学も同じです。

ローボール・テクニックやフット・イン・ザ・ドアを心理学の用語と解説しているセールス本があります。

それはウソです!!

既にセールスの世界にあった言葉を心理学がそのまま使っているだけです。

どうしてそこまで断言できるのかって?

消費者心理について書かれた本にはネタ元があります。

その本を読むとわかります。

セールス技術は心理学を元に作られているわけではなく、心理学がセールス技術から学んでいるのだと。

セールスマンは心理学より前からお客の心理をわかっていたんですね。

心理学がセールスから学んでいるという証拠の本はこちらです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

こちらの記事もどうですか?

  1. はまっている人に売る方法

  2. 販売ツールとは?

  3. 売場の中シマのレイアウト

最近の記事

  1. 店作りの基本を無料で学びたいなら……

  2. なぜ、あなたの店は前年割れするのか?

  3. 法人に売るのがカンタンな3つの理由

  4. 品揃えが大手と同じになってしまう理由

カテゴリー

TOP