スポンサーリンク

お客様は切り替えが上手ではない

スポンサーリンク

お客様は切り替えが上手ではありません。

急な切り替えには、すぐに対応できないのです。

店は、それを計算した行動が求められます。

たとえば、電話応対。

ちゃんとした店はいきなり「はい、小宮商店です」と店名を名乗ることはしません。

店名の前に「お電話ありがとうございます」とか「おはようございます」とか枕詞が付きます。

どうしてだと思います?

マナー?

はい、マナーもありますが、最大の理由は違います。

最大の理由はお客様に切り替える時間を与えるためです。

人は初めて聞く声に慣れるのに3~5秒かかります。

いきなり「はい、小宮商店です」では聞き取れないのです。

だからお客様に「小宮商店ですか?」と聞き返されるんですわ。

さて、人間が一番頼る感覚は視覚です。

同じことは視覚にも言えます。

たとえば、ハードディスクコーナーからマウスコーナーのように、異なる商品の売場に入るとき。

最初の1~3秒くらい(陳列台1~2個分、幅にして120~180センチくらい)、お客様はうまく切り替えができません。

そのため、この範囲の商品を見落としてしまいます。

見落とされるということは売れないということです。

コレ、意外に見過ごされるデッドスペースですから要注意です。

異なる売場が接する場所には、購買頻度の高い商品、ヒット商品・新商品などの話題の商品、関連性の高い商品、逆に、まったく関連のない商品を置くようにしましょう。

「お客様は見えない商品を買うことはできない」、コレ鉄則です。

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

コメント