スポンサーリンク

セールス・メッセージなしでお買い得感を伝える3つの方法

おはようございます、小宮です。

価格の安さは、お客が価格を知らないと伝わりません。

たとえば、「ノートパソコンNP?PC01が9万9,800円」と聞いてあなたはどう思いますか? 「安い!」と思うのはプロかオタクだけです。

それ以外の圧倒的多数は「?」と思うだけです。

なぜなら、9万9,800円が高いのか安いのか、判断の基準がないからです。

逆に、判断基準を提供できれば「安い」と感じてもらえると言えます。

判断基準を伝えるのがセールス・メッセージです。

しかし、セールス・メッセージは接客販売をやる店でないとノウハウがありませんよね。

そこで今日は、一言付け加えるだけでお買い得感を演出できる方法を3つ紹介します。

1.限定

「10台限り、ノートパソコンNP?PC01が9万9,800円」

お客の中には「限定=お買い得」と言う方程式ができあがっています。

2.広告の品

「広告の品、ノートパソコンNPーPC01が9万9,800円」

お客の中には「広告の品=安い」と言う方程式ができあがっています。

3.史上初

「ノートパソコンNP?PC01がついに10万円を切りました。9万9,800円」

初めて××円を切ったと言う事実もお買い得感を高めます。

※もちろんウソは絶対にダメです。

通常、値入はこのようなお買い得感も考慮して行なわれています。

「初めて××円を切った」という情報があなたのところで止まっていませんか?

それはお客に伝えなければ意味がないのです。

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

コメント