スポンサーリンク

本は読んでも読まれるな!

おはようございます、小宮です。

タイトルは、「酒は飲んでも飲まれるな!」をもじったモノです。「読まれるな!」にはもちろん意味などありません。

あなたは本を読んでいますか?

あ、「本を読め」とか説教したいわけではないので、安心して読み進めてください。

情報系のブログを読む人は、読書好きが多いのであなたも本は読んでいると思います。

ちなみに私は重度の活字中毒者です。テレビや音楽がなくても平気ですが、活字がないと不安になります。自分のコトながらあまりにも病的なので、最近は月10冊までに制限して“治療”しています。

あなたは、なぜ本を読むのでしょうか?

まあ、「楽しみたいから」とか、「知識を身につけたいから」と答えは様々でしょう。

しかし、最大の理由は、著者が長い時間を掛けて身につけた知見を、わずかな時間で知ることができるからでしょう。

知見とは、小説なら生き方とか、感動とかで、ビジネス書ならノウハウです。

他人の知見を学ぶのに、読書ほど安上がりで、かつ、短時間で学べる方法は他にないのです。

「だから、本を読みなさい」と言いたいのではありません。

自分の頭だけで考えられることなどたかがしれていますよね。

あなたは天才? それは失礼しました。

普通は、人の頭を借りて考えるのがいいアイデアを生む方法です。

その、人の頭を借りる方法の一つが、本を読むことに過ぎないのです。

だから、全く本を読まない人を否定するつもりはありません。

他人の知見を学ぶ方法は他にもあります。話を聞くのが得意なら、人の話を聞けばいいんですからね。

たとえば、損益計算書くらい読めないと、会社に信用してもらえないです。

そんなときあなたはどうするか?ってコトです。

本を読むのが得意なら本を読めばいいでしょう。話を聞くのが得意なら経理担当者に聞けばいいでしょう。努力しているところを見せたくないなら、セミナーに通えばいいでしょう。

言うまでもなく、ダメなのは何もしないことです。

一人でできることなど、たかがしれているんですからね。

ブログには書けない、
販売と集客の本当のことはメールマガジンで!

「え? ブログにはウソが書いてあると言うこと?」
いいえ、さすがにそうではありません……

続きはココをクリック

コメント

  1. ある小売店の店長 より:

    どうも。やはり本に限らず勉強しようとする意気込みは大切ですよね(^_^)
    人の意見を聞ける幅が広がるようにもおもいます。
    デフレパートという天才バンドがいましたが、その人たちは他のバンドコピーはしないと言っていました。音楽性が似てしまうからだそうです。そんな天才も世の中にはいますが、私は凡人なのでコピーする中で少しずつオリジナリティが出せればと思っています。

  2. 小宮秀一 小宮 秀一 より:

    コピーをどうとらえるかってコトじゃないですかね?

    私はコピーとは換骨奪胎することだと思うんです。「この曲カッコいい!」で終わらせるのではなく、カッコいいと感じる本質を知るために行なうのがコピーだと思います。

    って、私はビートルズから学んだんですけどね。受け売りです。

タイトルとURLをコピーしました