スポンサーリンク

ウソはいいけどだましちゃダメ

おはようございます、小宮です。

商売をする上で、私たちがもっとも大切にしなければならないのは信用です。

同じ1万円の商品を売るのでも、道端で売るのと、店を構えて売るのとでは、難易度には天と地ほどの差があります。

何を隠そう、この差が、信用の差です。

では、信用を築くためには何をしたらいいのでしょうか?

お客をだまさないことです。

ウソはいいんですよ。

たとえば、お客に「○○はありませんか?」と聞かれたとき。

これから発注するのに、「今切れていますが、明日には入ってきます」と答えるウソはいいんです。

なぜなら、明日入ってくるのは事実なので、お客をだましてはいないからです。

お客をだますとは、たとえばこういうことです。

ホイットニー・ヒューストンが亡くなった後、英国のiTunesで、彼女のアルバム『2007 Ultimate Collection』が4.99ポンドから7.99ポンドに値上げされました。

これに対して、「アップル、やり方がきたねえぞ」という批判が巻き起こりました。だって、死去につけ込んで儲けてやろうってのが見え見えじゃないですか!?

こういうことをやると信用をなくすのです。

ちなみに、発売元のソニーが卸値を上げたのが値上げの真相のようです。

さすがに1日で元に戻りました。

私たちが罪の意識もなしにやりがちなのが次の3つです。

ウソの上値価格

「通常価格1,000円が500円」という表示はよく使います。これは、1,000円で販売した実績がない場合は違法行為になります。

だからと言って、1個の販売実績を作るため、1時間だけ1,000円で売る、なんてのはだましです。

ウソの限定

「10個限定、残り3個」という表示はよく使います。

しかし、売れたそばから補充して、「限定10個、残り3個」がずっと続くのはだましです。

大量に仕入れた商品に「店長のお勧め」POPを付ける

「店長のお勧め」POPはよく使います。

「店長のお勧め」POPを貼った商品は本当にあなたのお勧めですか? あなたが接客したときに、自信を持って勧められますか?

「売りさばかないといけないから」という理由で「店長のお勧め」POPを貼るはだましです。

だましとウソの違い

ウソとだましの違いは、はっきり言って当事者の私たちにはわかりにくいです。

そういうときは、次のように考えてみてください。

それがお客にばれても、あなたは平気ですか?

平気でないなら止めましょう。だって、ウソは必ずばれるんですから。

ブログには書けない、
販売と集客の本当のことはメールマガジンで!

「え? ブログにはウソが書いてあると言うこと?」
いいえ、さすがにそうではありません……

続きはココをクリック

コメント

  1. ある小売店の店長 より:

    凄くわかりやすいですね!路面店でよくわからない店で買うには抵抗があります。同じ商品だとしても。何故かなと考えてみると、商品は問題ないだろうか、アフターはやってくれるんだろうか、適正な価格だったんだろうかなど、不安が沢山わいてきます。これを払拭するのが信用なんですよね!改めて、フォローの大切さと、店舗をかまえていることのありがたみ、責任を感じます。

  2. 小宮秀一 小宮 秀一 より:

    認めたくないことですが、ライバルの方が安いから売れないのではなくて、信用がないから売れないってことがあるかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました