スポンサーリンク

部下が指示に従わない理由

あなたの部下は、あなたの指示に従っていますか?

従っているなら今日の記事は必要ありません。では、また明日。

部下が指示に従わないのは、次の3つのうちのどれかです。

  1. 指示に従うつもりがない
  2. 指示された仕事を遂行する能力がない
  3. 指示が伝わっていない

1は、いわゆる「舐められている」状態です。

叱るのが苦手な店長は多いです。私もそうです。

しかし、叱らないと舐められます。

「冷静に言って聞かせればわかる」と考えるのはハチミツより甘い考えです。

人間、楽な方に行きたがるのが本能です。遅刻しても怒られないなら朝10分多く寝ている方を選ぶものなのです。

当然ですが、店作りは楽な仕事ではありません。楽な方へ行くと言うことは、売れない店になるのとイコールなのです。

現実に、叱れない上司の店は売れない店は成績も悪いです。

この場合の対処はこれを読んでください。

2の、指示された仕事を遂行する能力がないのは、店長の責任です。

あなたが採用に関わったのなら見る目が無かったということです。

たとえあなたが採用に関わっていなくても、部下の能力を把握していないこと、仕事を遂行できる指導をしていないことはあなたの落ち度です。

本当にダメなヤツなら切ればいいんですが、あなたの怠慢を部下のせいにしてはいけません。

3の指示が伝わっていないのも店長の責任です。

部下が指示に従わない理由の、もっとも多くを占めるのはこれです。

しっかり伝えていないから指示が実行されないと言う、極めて単純な理由です。

たとえば、部下に頼んだ仕事が、なかなか行われなかったことがありました。

なぜか?

理由はカンタン、私が締め切りを伝えていなかったんです。

私はすぐにやってもらうつもりだったのに、部下はそうは思わなかったんですね。

こうならないためには、思いつきで部下に指示するのではなく、3Wを使って、自分の中でまとめてから指示するようにしましょう。

・When(いつ)
その仕事の期限
・Who(誰が)
その仕事の担当者
・What(何を)
仕事の内容

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

コメント