質の悪いお客を寄せ付けない値引きのやり方

「質の悪いお客」まで「お客様」と言いたくはないです。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

元アキバの電気屋の店長が言うのは説得力がありませんが…。

安易に値引きしてはいけません。

値引きはしないですむならしない方がいいです。

なぜなら、値引きのデメリットは店へのマイナスの影響が大きいからです。

値引きのデメリットは主に2つあります。

続きを読む…

コンビニ本部が知らない「方法」とは?

売上の作り方です。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

コンビニ本部はブランディング、マーケティング、マーチャンダイジングは知っています。

しかし、売上の作り方は知らないです。

続きを読む…

顧客損失の原因第1位は欠品ではない

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

欠品は機会損失ではなく、顧客損失です。

と言うと、どういうわけか「欠品さえしなければ顧客は失わない」と勘違いするバカがいます。

実は、顧客損失の原因の第1位は欠品ではありません。

ところであなたは「欠品は機会損失ではなく、顧客損失」の元ネタは知ってます?

セブンイレブンの鈴木敏文元会長、ではなく、顧客満足度経営です。

顧客満足度経営では、欠品が3回続くと47%のお客様は店を変えると言うデータを出していました。

逆に言うと、3回が続いても53%の顧客は店を利用し続けると言うことです。

では、顧客満足度経営で、顧客損失の原因第1位は?

続きを読む…

「欠品=顧客損失は本部の手口では?」

だったらとっくにバレていると思いません?

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

サトさんから「欠品=顧客損失は本部の手口ではないですか?」と言う質問メールを頂きました。

サトさんからのメールは次の通り。ちなみに、サトさんはコンビニオーナーです。

続きを読む…

「それでも掃除をやらないのですが?」

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

”境の店長”さんから「指示しても部下が掃除をしないのですが?」という質問を頂きました。

”境の店長”さん、「すぐに返信がほしい」とのことでしたが、今、メールで質問に答えることはしていません。

このように、ブログか、メルマガでお答えしています。ご了承ください。

「言ってもやらない」という質問に対しての答えは「やるまで言い続けてください」しかありません。

ただし、指示は誰が、何を、いつまでにやるかがセットです。あ、もちろん、やり方もね。

「誰」や「いつまで」がない指示は絶対に実行されません。「やり方」がわからない場合も同様です。

”境の店長さん”の場合は、ココまではやっているとのこと。

それでやらないのはどうしてかって?

続きを読む…

「現場が混乱して困っています」

でもその方が売れるんですな、コレが。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

メールサポート会員さんから相談されたことですが、あなたにも役に立つことなのでシェアします。

彼は副店長から「販促が多すぎて現場が混乱して困っている」と言われたそうです。

「お客様にも迷惑をおかけしているようです。販促を減らした方がいいのでしょうか?」と言う相談でした。

私の答えは「お客様第一だから販促を減らしなさい」ではなくて…。

続きを読む…

売場で商品を売る2つの見せ方

ただ、売場にあればいいわけではないんです。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

店がお客様に商品を買ってもらうには何から始めればいいのでしょうか?

お客様に商品を見せることです。

なぜなら、お客様は見えない商品を買うことは不可能だから。

あなたは「商品を見せるなんてカンタン」とか思っていませんか?

続きを読む…

売るために役立つ商品知識とは?

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

商品知識を身に付けるにはどうしたらいいのでしょうか?

そのためには、何よりもまず自分で使ってみるのが早道です。

私の知っているスーパーセールスマンYさんは突然「明日からパソコンを売れ」と言われました。

Yさんは家事家電、調理家電一筋の人です。

彼はその売場で他の販売員の3倍売っていました。ダントツの売上です。

ただ、パソコンにはまったく縁がありませんでした。

私のような二流のセールスマンがいきなりそう言われたらパニックになったに違いありません。

でも、スーパーセールスマンのYさんは違いました。

続きを読む…

「この本のおかげで本当に救われました」

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

「売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと」を読んだマジこまさんから「この本のおかげで本当に救われました」と言う、感想を頂きました。

続きを読む…

「本部に蛍光灯を間引けって言われているんですが?」

あなたが実績のない店長なら妥協しましょう。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

前回と前々回の記事で「暗い店はお客様を遠ざける。だから売場の蛍光灯は間引かない方がいい」と書きました。

蛍光灯を間引いて減る電気代より、お客様が減って消える利益の方がはるかに大きいからです。

それに対して、高野さんから質問を頂きました。

「小宮さんが言うことはその通りだと私も思います。しかし、本部から蛍光灯を20%間引けと言われています。どうしたらいいのでしょうか?」

続きを読む…