「売れないのはライバル店が開店したから」?

売れないのは店作りの基本ができていないからです。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

昔からお世話になっている人から「友人の店を見てやってくれ」と頼まれました。

怠け者の私もお得意さんの頼みとあらば放っては置けません。

さほど遠くでもないため、先週末行ってきました。

オーナーさんに聞くと近所にライバル店ができて以来、売上がさっぱりとのこと。

しかし、私の目には違う理由が見えました。 続きを読む…

あなたは仕事の意味を知っている?

「失礼な!」と思うかもしれませんが知らない人は多いはずです。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

やる意味がわからない、そんな仕事は苦痛でしかないです。

コレが原因で辞める新人さんは多いのではないでしょうか?

それならば、仕事の意味を教えてあげれば、苦痛を減らすことができます。

場合によっては仕事の意味を知ることでやりがいを感じるかもしれません。

部下を苦痛から解放し、やりがいを与えるためにも、ぜひ仕事の意味を教えてあげてください。

ただ、ココで問題があります。

続きを読む…

「何をしたら売れるのかわからない」時はコレをやれ

「客数も客単価も落ちているんだけど(怒)」ならコレしかないでしょ。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

売上を上げようといろいろな手を打った。なのに結果が出ない。客数も客単価も落ちている。

こうなると何をしたら売れるのかわからなくなります。

もし、あなたが今そんな状況なら、次の3つのうち、どれでもいいので一つやってみて下さい。

きっかけがつかめるはずです。

続きを読む…

「店作りの基本て何?と思っていました」

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

山崎さんから「店長養成講座に出会う前まで店作りの基本て何?と思っていました。でもようやくわかりました」と言うメールを頂きました。

よ~くわかります。

実は私もそう思っていました。

なぜなら、店作りの基本というヤツはたくさんあるからです。 続きを読む…

「基本を徹底しても売れないのだが?」

それ、どこかが間違っています。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

店作りには難しいことは一切ありません。

基本を徹底すれば必ず売れる店になれます。

と言うとたまに突っ込まれるのがコレ。

「基本を徹底しても全然売れないのだが?」

もし、基本を徹底しても売れないのなら理由は2つ。

続きを読む…

アップセルを成功させる具体的方法

あなたはアップセルを知っていますか?

アップセルとは、お客様が買いたい商品よりグレードの高い商品を売り込むことです。

たとえば、iPhone8を買いに来たお客様にiPhoneXをお勧めして買って頂くというのがアップセルです。

アップセルを成功させるには何をすればいいのでしょうか?

まずはセルフ販売の場合を説明します。

続きを読む…

スグできる!お店のための差別化3選

商売は「他と違ってナンボのモン」です。

「他と違ってナンボのモン」をもっと短い言葉で言ったのが「差別化」です。

特に小売の場合、差別化は重要です。

なぜなら、扱っている商品はどこでも売っているからです。

他の店との違いがわからなければお客様は安い方で買うでしょう。価格はも99っともわかりやすい価値ですからね。

もっともこんなこと、あなたは聞き飽きていると思います。

あらゆるビジネス書に書いてありますし、ビジネス系のセミナーでも必ず言われます。

でも、そのためには何をすればいいのでしょうか?

ビジネス書もセミナーも肝心なことには答えてくれないモノです。

幸い、店の場合、他のビジネスと比べると、差別化するのは難しくありません。

続きを読む…

あなたの足を引っ張る従業員とは?

やる気のないヤツ?

いいえ。やる気のないヤツは仕事の質が低いので目立ちます。

だから、クビにするか、他部署へ異動させるか、隔離することができます。

チームにとって本当に問題となるのはこのような目立つヤツではありません。

一見するとそこそこの質で仕事をこなしているのに、ステルス性のガン細胞のように、ゆっくりと他の従業員の意欲をそぎ、モラルを破壊する従業員。そんな従業員はやる気のないヤツよりはるかに危険です。

続きを読む…

レジ係を店の戦力にできる方法

セルフサービスの店はレジが唯一の接客機会です。そのため、レジ係の役割は極めて重要です。レジの対応が店の印象を決めてしまうからです。

こんなことは商売をしていれば誰もが知っていることですが、その割には無愛想なレジ係が多くありませんか?

スーパーやコンビニのレジ係は無愛想なのが当たり前で、むしろ、笑顔で対応されるとびっくりしてしまうくらいです。

どこの店でも教育はしているはずです。笑顔で接客しなさいとか、元気よく接客しなさいとか、そう指導するのは当然のはずです。

それなのに、こんなに無愛想なレジ係が多いのは一体なぜなのでしょうか?

無愛想なレジ係が多い理由は、2つあります。

続きを読む…