米国トイザらスの経営破綻

歴史は繰り返すってことで。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

ちょっと出遅れた感は否めませんが…米国トイザらスが経営破綻しました。

とは言うモノの、日本で言う民事再生法を申請とのこと。今の経営陣で立て直しを図るようです。

たぶん、トイザらスが市場から退場することにはならないでしょう。

ニュースではamazonにやられたと言われています。

amazonを軽視するわけではありませんが、私は「小売の輪」に過ぎないと思います。

続きを読む…

「悪いのは全部人のせい」って言うダメなヤツ

「出てくるかな?」と思ったら案の定、出てきました。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

9月22日に「直属の上司とうまくいかない理由」という記事を書きました。

公開した後、自分で読んで「誤解を招くかな?」と思いました。

そしたら案の定、誤解するバカが出てきました。

「やはり、悪いのは上司だったんだとわかって安心しました」と言うメールが3件届きました。

いいえ、それは違います。

続きを読む…

あなたも裸の王様になっている?

自分のことは自分が一番わからないんですわ…。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

”ある小売店の店長”さんから「この度、エリアマネージャーに抜擢されました」と言う報告を頂きました。

この仕事をやっていて一番うれしいのは、学んだ人に、目に見える結果を出してもらうことです。

いや、誤解しないでくださいね。

目に見えない結果がうれしくないってことではないんですよ。

「気づきになりました」とか、「気持ちが前向きになりました」とかいう報告だってうれしいです。

ただ、目に見える結果の方が本人もよりうれしいと思うのです。

続きを読む…

直属の上司とうまくいかない理由

上司が理由を言わないなら、それは上司の方の問題です。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

小林さんから9月13日の記事「うちの店でもパワハラがあります。どうしたらいいですか?」に熱い感想を頂きました。

今回の記事は小林さんのメールに触発されました。

本題の前にお読みください。

続きを読む…

私が「朝はメールチェックしない」理由

優先順位が低いからです。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

k-takahashiさんから「(小宮が)朝はメールチェックしない理由を教えてください」という質問を頂きました。

正直言うと待っていた質問です。k-takahashiさん、さすがです。

お答えいたします。

もっとも、書いたのは質問の答えというより、店長の時間の使い方についてですけど。

続きを読む…

「私が出来ることは何なのか、教えて頂きたいです」

”りんごと温州みかんが大好き!”さんから「私が出来ることは何なのか、教えて頂きたいです」という質問を頂きました。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

”りんごと温州みかんが大好き!”さんは食品小売店で働く社員さんです。

しかし、前職では3年間、店長を務めています。

そのときの経験から、今の会社と今の店長のダメなところが目に付いてしまうそうです。

続きを読む…

「うちの店でもパワハラがあります。どうしたらいいですか?」

そういうのは他を当たってください。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

9月8日に公開した記事に思わぬ反応がありました。

この記事の趣旨は、クビにしたいなら率直に「辞めてくれ」と言った方が後腐れがないというものです。

ところが、パワハラという言葉に引っかかる人が多かったようです。珍しく20件もメールが届きました。

内容は「うちの店でも同じ問題があります。どうしたらいいですか?」というのが半分。

コレに関する答えは「知らんがな!」。「他を当たってください」としか言えません。

次に多かったのが、「店長が自分の好き嫌いでクビにしている」というもの。

え?それに何か問題でも?

続きを読む…

Kindle Paperwhiteを買いました

商売人なら、「必要だから買った」で済ませちゃダメですよ。

先月、Kindle Paperwhiteを買いました。Kindle PaperwhiteとはAmazonの電子書籍リーダーです。

え?お前が何を買おうが関係ないですって?

まあ、そう言わずにお付き合いください。

お客(私)がどうしてその商品を買うことになったのか?

それを知ることはあなたの商売にプラスになると思いませんか?

続きを読む…

「何をしても辞めてくれません」

「辞めてくれ」って言いましたか?

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

ナリタさんから「パートを辞めさせたいのですが、何をしても辞めてくれません。どうしたらいいですか?」という質問を頂きました。

ナリタさんのメールには「答えはメールでほしい」と書いてありました。

今、店作りの質問に関しては、個別に返信はしておりません。ブログか、メルマガでお答えしています。

個別に回答が必要ならメールサポートをご利用ください。

さて、本題です。

私が引っかかったのが「何をしても辞めてくれません」です。

メールの後半に何をやったのか書いてありました。

個別に答えが欲しい理由がココを見てわかりました。

続きを読む…

店が破滅する、再建のやり方

何が店を破滅に追いやったのでしょうか?

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

私がいた2つめの会社は1千億円の売上を達成した1年後、債務超過に陥りました。

それでも、倒産は免れました。一部上場企業の親会社が救済に入ったからです。

実は同じ頃、アキバでは会社が1つ倒産しました。この会社は民事再生法の適用を申請しました。

ちなみに倒産したこの会社は再建を果たしました。運営母体は変遷していますが、今も店の名前は生きています。

一方、倒産を免れた会社は、すでに廃業し、もう店の名前はありません。

何が2つの店の未来を分けたのでしょうか?

続きを読む…