スポンサーリンク

店長になった人がやるべきたった一つの仕事とは?

スポンサーリンク

それは売ることです。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

コロナ騒動の最中ですが、今年も店長養成講座で学んでいる人の中から、一人店長が誕生しました。

ただ、店長として着任して3日後に休業要請があって、現在自宅待機中とのことです。

ちなみに、会社の方はどうかというと、政府の施策を総動員したおかげで、しばらくは大丈夫とのこと。でも、「しばらく」がいつまでかは聞く勇気はないそうです。

今日は彼女にした、私のアドバイスをあなたにもシェアします。新しく店長になった人は必見です。

スポンサーリンク

店長になった人がやるべきたった一つの仕事とは?

店長になった人がやるべきたった一つの仕事とは?

それは販売です。

販売だけに、あなたのすべてを投入することをお勧めします。販売以外の雑事は、店長代理や副店長に任せてください。

なぜなら、店長には様々なトラブルが持ち込まれるからです。一々対応していたら販売に関わる時間がなくなってしまいます。

トラブルは人に関するモノが多いです。

売場主任が仕事をしないとか、アイツは使えないからクビにしてくれとか、あるいは、もっと使えるヤツを採用してくれとか。さらには、いじめや嫌がらせの告発まで。

断言します。こんな仕事をいくらやっても絶対に売上は上がりません。どうせ仕事をするなら売上に直結する仕事に取り組んでください。

こんな仕事は店長の仕事ではない

売場主任が仕事をしない

これは社員やパート、アルバイトからよく言われることです。売場主任が品出しをしないとか、レジに入らないとか。

でもそれって当たり前でしょ?

社員と同じ仕事をされたのではこっちが不安になります。

ただ、コレに関しては、一般社員の認識不足もありますが、売場主任にも責任があります。

「オレは君たちとは評価されるポイントが違う。だから、君らと同じ仕事はしない」と言うべきです。

スタッフと同じ目線でいようとする人ほど、この落とし穴にはまります。あなたも注意してください。所詮、部下は上司の立場は理解できないのですから。

いずれにしても、これは売場主任とスタッフで話し合うことです。店長が口を出すことではありません。

アイツが使えない/使えるヤツを採用しろ

アイツが使えないとか、使えるヤツを採用しろとか言う連中には「ちゃんと教育したのか?」と聞いてみればいいです。

連中は「もちろん」と言いますが、手順を聞けばまともに教えていないことが明白です。まずは、教育した上で使える使えないと言うべきです。話はそこからです。

「アイツが使えない」を真に受けて、「アルバイトを辞めさせる方法」をググる人は一体何を考えているのでしょうか?

まさか、そのアルバイトのせいで売れないとでも考えているのでしょうか?

百歩譲って、もし、彼/彼女にそれだけの影響力があるなら、辞めさせるのはバカのやることです。あらゆる手を使ってでも、味方にするべきでしょう。

でも、ほとんどのアルバイトはそうではないわけで。だったら、辞めさせる労力がムダです。これも店長の仕事ではありません。

いじめ/嫌がらせの告発

いじめや嫌がらせの告発に至っては、当事者が上司と部下の関係でない限り、個人の問題です。店長は学校の先生ではないです。当事者同士が話し合って解決することです。したがって、店長が関わることではありません。

話し合っても解決しない場合は両者に辞めてもらうしかないでしょう。話し合っても解決できないことはよくありますので。

店長にリーダーシップは要らない

「店長にはリーダーシップが必要」と考える人は、このような仕事もやるのかもしれません。しかし、私から言わせたら「売れない言い訳」に使っているだけに思えます。

なぜなら、売れる店になると、この種の問題はウソのように消えてなくなるからです。

私の上司にYさんという人がいました。彼は担当した4つの売場をすべてアキバナンバー1にしたやり手です。

しかし、彼は人間性に問題を抱えていました。彼は、自分に甘く、他人に厳しいという欠陥を持っていたのです。

それで腹が立つことが何度もありました。私は怒りという感情を彼と付き合って初めて知りました。

怒りは唇を震わせ、手を震わせるのです。あなたは知っていましたか?

それでも売場から離れようとする人間は一人もいませんでした。不満を抱きながらも、私たちは彼に付いていきました。それはなぜ?

彼の側にいるとおいしい思いができたからです。

アキバナンバー1の売場にいるとステータス、昇給も賞与も、他の売場より多くもらえました。たとえ上司が最低の人間でも、名誉と金が手に入るなら、私たちには些事だったのです。

店長の仕事は売ること以外ない

この時の経験から、私は、店長に必要なのはリーダーシップではないと痛感しました。店長に必要なのは結果を出すことです。結果を出せば、たとえ性格に欠陥があっても部下は付いてくるのです。

結果を出すには売るしかありません。だからこそ、店長のやるべきたった一つの仕事は販売なのです。古い言葉ですが、売上はすべてを癒やすのです。

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

コメント