「売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと」は誰の、どんな役に立つのか?

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

店長養成講座がお届けしている、売れる店作りのために最低限やるべき8つのことはいわゆる予防商品です。インスタントに結果が出るわけではなく、そもそも、売上が上がることを保証すらしていません。

あなたもご存じの通り、予防の商品は売りにくいと相場が決まっています。健康診断や保険といった商品がそうです。このような商品は恐怖をあおり立てて売るのが普通です。

しかし、売れる店作りのために最低限やるべき8つのことは、今は、そのような売り方はしていません。感情よりも論理で売ろうとしてます。その理由は、このサイトに訪れる人のレベルが高いからです。

そのため、そんな教材がこのサイトでは一番売れています。売れる店作りのために最低限やるべき8つのことは誰の、どんな役に立つのでしょうか?

「売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと」は誰の、どんな役に立つのか?

「売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと」は誰の、どんな役に立つのか?

「売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと」は誰のためのモノ?

売れる店作りのために最低限やるべき8つのことは次のような人の役に立ちます。

  • 不景気に負けない店を作りたい店長さん
  • 前年割れで苦しんでいる店長さん
  • 消費増税の影響を最小限にしたい店長さん

売れる店作りのために最低限やるべき8つのことは、このような問題を抱えている店長さんのためのモノです。

ただし、コレでは3ヶ月で30%の売上アップとか言う派手なことはできません。その代わり、景気や消費増税の影響を受けにくい強い店を作ることができます。

「売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと」は何をするのか?

売上に直結する店作りの8つの基本と、それを徹底する方法を紹介しています。

徹底するのは、売上に直結する基本です。なぜなら、基本の中には売上に直結しないモノもあるからです。そのような基本は良い店を作るには必要ですが、売れる店を作るには不要です。

良い店を作る基本は、売れる店を作ってからでも遅くはないと、私は思います。

なぜ、「売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと」が必要なのか?

8つの基本、それぞれは店の仕事をしていれば知っています。と言うか、「知らない」と言われたらこっちが驚きます。

しかし、基本だけ知っていても意味はないです。基本はその意味と方法を知らなければ役に立たないのです。

残念なことに、ほとんどの店がココをわかっていません。実際、8つの基本を言うと「そんなこと知っている」という人が圧倒的多数です。

でも、8つの基本ができている店は極めて少ないです。

だから、ほとんどの店は売れないのです。

なぜ、「売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと」をやると売れるのか?

8つの基本を徹底すると、顧客が増えます。

そもそも、前年を割る理由は顧客が少ないからです。

たとえば、昨年買ってくれたお客様が、今年も同じだけ買ってくれたら、少なくても前年並みには売れるはずだからです。

また、顧客が増えれば、採算を度外視した集客商品を提供する機会が減ります。

つまり、集客コストが減って、その分利益が増えるというわけです。

顧客を増やすには基本を徹底する

「顧客を増やす」というと、ポイントカードとか、ニュースレターとか言う話になりがちです。

しかし、店の場合、そんなことより、お客様が何度も来たくなる売場、品揃え、接客の3つの方が重要です。

たとえポイントカードがあっても、買いたい商品がない店には行きたくても行けないわけで。

売れる店作りのために最低限やるべき8つのことは、売場、品揃え、接客の3つの中から、コレだけはやるべきと言う8つの基本を選んでいます。

8つの基本は、私小宮の20年に及ぶ現場の経験から生まれ、17年のコンサルティングの経験で磨かれたモノです。

あなたにはムリかもしれません

もしかしたら、売れる店作りのために最低限やるべき8つのことはあなたには使えないかもしれないです。

あなたが「悪いことは全部人のせい」と考えるタイプなら、このテクニックは使えません。

そのような人は「このプログラムのせいで売れない」と言い出すに決まっているからです。

あなたがこのようなタイプなら絶対に買わないでください。お互いに不幸になるだけですので。

あなたが「自分はベストを尽くしたのか?」と考えるタイプなら大丈夫です。私たちと一緒に売れる店を作って、一人でも多くのお客様を幸せにしましょう。

「売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと」の詳細と申し込みはこちらからどうぞ。

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック