「売れる店作り…って売れているのですか?」

PR

こんな直球の質問は初めてです。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

“かねやん”さんから「『売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと』って売れているのですか? 売れているように思えないのですが?」という質問を頂きました。

結論から言うと、ヒット商品とは言えませんが、売れています。

そもそも売れていなかったら何回もプロモーションしませんって。

今はメール1通送るのもタダじゃないのですから。

2016年11月に発売して以来、プロモーションする度に、と言うか、一定のアクセスを販売ページに送り込む度、一定の売上が上がります。

正直言って、このタイプの商品が売れるとは予想外でした。

なぜなら「売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと」は何の約束もしていないからです。

「8つのことを実践しても売上が上がるわけではない」と言い切っています。

約束していることと言えば、「カンタンなのでスグに実践できる」と言うことだけです。

ただ、売れ続けている理由はこの辺りに秘密がありそうだと、自分では考えています。

予防型商品

この商品は予防型商品です。病気を治すのではなく、病気にならないように対策しましょうというモノです。

古今東西、予防型の商品は売れないと相場が決まっています。保険が売りにくいのと同じ理由です。

それなのになぜ「売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと」は売れているのでしょうか?

私が考える理由は、買う人のせいです。

買う人の意識が高いからです。店作りに対する姿勢が真摯だからです。それ以外の理由は考えられないです。

実際、このタイプの商品には特有のクレームがつきものです。しかし、「売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと」に関して言えばクレームはゼロです。

それどころか、私の商品の中でも、ポジティブな感想をもっとも多くもらえる商品でもあります。

どうやって売っているのか?

私は「売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと」をどうやって売っているのでしょうか?

ブログしか見ない人は、ブログ本文の下に販売ページへのリンクが貼ってあるだけに見えるかもしれません。

また、人によってはグーグルのアドセンス広告やフェイスブック広告を見たことがあるかもしれません。

正直言って、そうしたモノから送り込まれるアクセスの成約率は0.1%未満です。1000アクセス送り込んでも1件制約できるかどうかです。

“かねやん”さんが「売れているように思えないのですが?」と感じるのもムリはないと思います。

実は販売ページだけを見ても、どうやって売っているかはわからないのです。

なぜなら、成約に結びつくのは圧倒的にメールだからです。メールは毎回2~4%の反応があります。

したがって最近の広告は、アクセス先をブログ記事にして、メルマガ読者を獲得する狙いで行なっています。

メールでどのような売っているかについてはここでは書きません。マジシャンが種を明かさないのと同じ理由です。

私が毎回2~4%の制約を上げている方法に興味があるなら、メルマガに登録してご自分で体験してください。ただし、プロモーションメールが届くのは最短でも2週間後ですけど。

どうして2週間後なのかについてもここには書きません。ただ、メルマガを読めば理由はわかると思います。

プロモーションメールが届くのはこちらのメルマガです。

いろいろなメルマガがあるので注意してください。

同じことをやっているのに、
どうしてあの店は売れて、自分の店は売れないのか?

もし、あなたがそう感じるなら……
それは売上を作る暗黙の了解を知らないせいかもしれません。

■ あなたの店を最短で売上アップできる5つのステップとは?

今スグチェックする

PR

おすすめ記事

PR

関連記事