やる気のないヤツは放っておきなさい

PR

それよりはやる気のあるヤツを腐らせない方が大事です。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

「人をやる気にさせるには?」とは繰り返し寄せられる質問です。

それに対する私の答えは「やる気のないヤツは放っておきなさい」です。

なぜなら、他人をやる気にさせることなど不可能だからです。

あなた自身のことを考えてみて下さい。

あなたは自分をやる気にさせることはできますか?

たとえば、ダイエットしようと思ったことはありますか?

で、ダイエットは成功しましたか?

あるいは、英会話をマスターしようと思ったことはありますか?

で、英会話はマスターできましたか?

失礼ですが、ダイエットは失敗し、英会話もマスターできてないのでは?

自分をやる気にさせることさえうまくできないんです。

それなのに、どうして「部下なら何とかできる」と思えるのでしょうか?

その思い、まったく理解できません。

私たちが部下のやる気についてできることは2つだけです。

やる気のあるヤツを腐らせない

一つは、やる気のあるヤツを腐らせないことです。

やる気のあるヤツは、なぜ、やる気になっているのか、あなたはわかりますか?

  • 給料がいいから?
  • 休みが多いから?
  • 残業がないから?

違いますよね?

彼らを動かすモノは、使命感や誇りです。お金のためでも、誰かにやらされているのでもありません。

あなたもそうではありませんか?

あなたがこの仕事をしているのは、お客様への使命感か、仕事への誇りではないですか?

あなたもそうなら、彼らからもそれを奪うべきではありません。

彼らのやる気を失わせるのはカンタンです。

「そこまでやらなくてもいい」と言えばいいのです。

あなたは決して口にしないようにしましょう。

やる気のないヤツを隔離する

もう一つは、やる気のない部下を隔離することです。

やる気のないヤツは、周りに流されやすい従業員にマイナスの影響を与えるからです。

やる気のないヤツはクビにするのが一番ですが、そうも行かない場合は、一般の従業員から遠ざけておきましょう。

ただし、本当にやる気がないのかは、周りの評価に頼らず、あなた自身が見極めてください。

と言うのも私は、周りの評価に惑わされて、危うく優秀な人材を失いかけたことがあるからです。

その社員はとにかく直属の上司の評価が低かったのです。彼とは「だったら他へ異動させようか?」と話していたくらいです。

しかし、当人と話すことで、問題は上司の方にあるとわかりました。

彼は「やる気がない」どころか「やる気がある」ヤツだったのです。

彼が上司から評価されないのは、やる気のある彼の言動がうっとうしかっただけだったのです。

彼はもっと仕事をしたいのに、上司がしたくないから「アイツはオレの指示に従わない=やる気がない」と判断されてしまったのです。

恐ろしいことに、上司はこのことにまったく気づいていませんでした。無自覚だったのです。

私が上司の言うことしか聞かずに彼を異動させていたら?

私はあとで自分の右腕になる人間を失っていたのです。

今考えても恐ろしいです。

ネガティブな評価をされる人間とは、あなた自身が本人の話をよく聞いてから判断してください。

■ やることをやっても売れない理由とは?

あなたお店が売れないのは、この秘密を知らないからかも?

あなたの店を最短で売上アップできる5つのステップ

PR

おすすめ記事

PR

関連記事