アップセル、クロスセルをやっても売上が上がらない理由とは?

PR

ココに答えはありません。なぜならコレはクイズだからです。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

お金を掛けず、手っ取り早く売上を上げるにはどうしたらいいでしょうか?

店長養成講座で学んでいるあなたならわかりますよね?

そうです、今買って頂いているお客様に、アップセル、クロスセルを行えばいいです。

あなたのお店は行っていますか?

ま、行っていない店が圧倒的多数です。

こんなにカンタンに売上アップできる方法は他にないのに、どうしてアップセル、クロスセルを行わないのでしょうか?

たぶん、バカにされたくないからだと思います。

なぜ、アップセルやクロスセルがバカにされるのでしょうか?

もっとも有名なセールストーク

それはクロスセルのもっとも有名なセールストークに原因があります。

そのセールストークとは、マクドナルドの「ご一緒にポテトはいかがですか?」です。

マクドナルドはこのトークで間違いなく客単価を上げることに成功しました。

人間、1回「はい」と言ってしまうと「いいえ」とは言いにくくなります。

コレにうっかり「はい」と言おうモノなら、このあとに「ご一緒に飲み物はいかがですか?」が続きます。

結果、ワンコインで済まそうとしていた昼飯が1,000円を超えることになったりしました。

ネタにされる

しかし、「ご一緒にポテトはいかがですか?」は有名になりすぎました。

そのため、漫才のネタにされたり、小説の中でバカにされたり、某巨大掲示板では大喜利のネタにされたりしています。

つまり、「ご一緒にポテトはいかがですか?」はバカにされる対象なわけです。

人間、誰も好き好んでバカにされたくないです。

だから、売れるとわかっているのに、つまらないプライドのためにアップセル、クロスセルをやろうとしないわけです。

どうです、いいとこ、突いてませんか?

ただ、考えてもらいたいのです。

バカにされるのと、儲けが増えるのと、商売人なら迷うことなく、選ぶのは後者でしょ?

だったら、たとえバカにされようと、アップセル、クロスセルを行うべきです。

大した売上にならない

「アップセル、クロスセルを行っている」と言うお店の店長から「大した売上アップにならない」というクレームがありました。

実際、私も店に行って買い物をしてみました。

確かにクロスセルを行っています。

店長が「アップセル、クロスセルをやれ」と言っているだけで、「現場の人がやらない」という、よくあるケースではありませんでした。

そこで調べてみました。

原因はスグにわかりました。

いつもなら私が答えを出してしまうところですが、今回は答えを出しません。あなたが答えを出してください。

なぜ、アップセル、クロスセルをやっても売上が上がらないのでしょうか?

店長養成講座で学んでいればスグに答えはわかるはずです。

もし、答え合わせがしたいなら、あなたが考えた答えを小宮にメールしてください。5営業日位内に正解かどうか返信します。

■ 店作りの本音を知りたくはないですか?

はっきり言ってブログに書いていることは建前が多いです。だって、ブログだと、お客様も見るかもしれないじゃないですか?! 店作りの本音は毎週火曜日配信のメールマガジンでお読み下さい。

● メルマガに登録すると…

ブログの更新チェックって面倒ですよね? メルマガに登録すると、ブログ更新をメールでお知らせします。

店長養成講座メールマガジンを購読するには、こちらで登録してください。

PR

おすすめ記事

PR

関連記事