スポンサーリンク

人を見たらお客と思え

「お客様が邪魔だ」と思ったら、必ずコレを思い出してください。

あなたは「人を見たらお客と思え」って言葉、知ってます?

コレ、「人を見たら泥棒と思え」をもじったモノです。

意味は人がいたら必ずお客様がいると言うことです。

私は新人の頃、先輩に教えてもらいました。

しかし、私たちは、せっかく多くの人が群がるモノを見つけても、それを提供するどころか排除してしまうことがあります。

え、信じられませんか?

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

私の知っている例を紹介しましょう。

スポンサーリンク

2つの食品スーパー

似たような売場面積を持つ2つの食品スーパーがありました。この2つの店は同じ地域にあり、ライバル関係にあります。

その精肉売場での出来事です。

どちらの店も試食でサイコロステーキを提供していました。

そのサイコロステーキの試食に近隣の学校帰りの高校生が列を作ります。

片方のスーパーの責任者は「奴らは買わないから試食は無意味」と、この時間帯の試食を中止するようにしました。

もう片方のスーパーの責任者は「商品にしたら売れるんじゃないか?」とワンコインで買えるミニサイコロステーキを企画しました。

あなたならどちらの方法を選びますか?

当然後者を選択しますよね。

ミニサイコロステーキは学生向けにヒットして、片や学生客がいなくなりました。

第三者としてみると、後者の取り組みをするのが当然です。

しかし、当事者となると、目先のことに囚われて、肝心なことが見えなくなってしまうモノです。

試食を中止した責任者をバカにするのはカンタンです。

でも、この試食品はタダではありません。費用対効果を考えたら、単純に彼の決断を責めることはできません。

ただ、もし試食を中止した責任者が責められるとしたら、多くの人(この場合は高校生)が群がっているモノを目の前で見ているのに、全くそれに気づかなかったことです。

商売人マインド

彼には商売人マインドが欠けていたのです。

彼が持っていなければならなかったマインドは、「人を見たらお客と思え」と言う商売の大原則です。

私たちは仕入れれば何だって売れるんですからね。

もしあなたの心の中で「お客様が邪魔だ」と少しでもよぎったら、「人を見たらお客と思え」と言う言葉を思い出してください。

あなたは金脈を掘り当てたのかもしれないからです。

今さら聞けない売上の作り方

店長養成講座の新教材「今さら聞けない売上の作り方」を12月16日(月)までに申し込むと特別価格で購入できます。

お客様が来ないと悩んでいる方へ

効果実証済みの集客ツールは必要ではありませんか?

間もなく申し込みは終了です。

今スグチェックする

ブログには書けない、
販売と集客の本当のことはメールマガジンで!

「え? ブログにはウソが書いてあると言うこと?」
いいえ、さすがにそうではありません……

続きはココをクリック

タイトルとURLをコピーしました