「何をしても辞めてくれません」

PR

「辞めてくれ」って言いましたか?

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

ナリタさんから「パートを辞めさせたいのですが、何をしても辞めてくれません。どうしたらいいですか?」という質問を頂きました。

ナリタさんのメールには「答えはメールでほしい」と書いてありました。

今、店作りの質問に関しては、個別に返信はしておりません。ブログか、メルマガでお答えしています。

個別に回答が必要ならメールサポートをご利用ください。

さて、本題です。

私が引っかかったのが「何をしても辞めてくれません」です。

メールの後半に何をやったのか書いてありました。

個別に答えが欲しい理由がココを見てわかりました。

パワハラで辞めさせる?

「シフトを不規則にする」、「発注作業をやらせない」等々。

辞めてもらうためにやったことはパワハラです。

今の御時世でよくこんな危ないことをできますねえ。

上司は知っているのでしょうか?

知っていても知らなくても、どっちにしろ、大変ですけどね。

コレって「自分から辞めるように仕向ける」ってことですよね?

私が疑問に思うのは、どうして「辞めてくれ」って言わないのかってことです。

この方が早く問題解決ができるし、法令違反で訴えられるリスクもないのに。

コレって店長が責任から逃げているだけじゃないの?

「クビ」を告げるのは大変

そりゃ、人、一人クビにするのは大変です。

私は、2人にクビを伝えたことがあります。

最初にクビを伝えたときは、決めてから言うまで10日掛かってしまいました。クビを宣告された相手の気持ちを考えるとなかなか言い出せないです。

しかも、相手は高校中退の17歳の女の子です。

彼女は人間としては申し分なかったのですが、能力が低く、まったく使い物にならなかったのです。

でも、本人のためにも、店のためにも、「辞めてくれ」と言ってよかったと思っています。

使い物にならない

最初にレジをやらせましたが、釣り銭の間違えが信じられないレベル。彼女がレジをやると違算が万単位で出ます。1万円預かって3千円のお釣りを渡すところで、5千円札を3枚渡したことがありました。

で、お金は触らせないようにして、商品の袋詰や梱包をやらせました。すると商品の入れ忘れが多発。

レジ部門から「あいつはいらない」と言われてしまいました。

仕方なく、私は彼女を倉庫部門に配置転換しました。

しかし、彼女は「同じ商品は同じ場所に置く」ということができませんでした。それができないのでは倉庫部門も務まりません。

温厚で辛抱強い倉庫部門の責任者も「私にはムリです」と音を上げました。

後、店の仕事は、販売部門と事務部門だけです。

しかし、お金を扱う事務部門は怖すぎます。

かと言って彼女はパソコンも販売も未経験。ゼロから育てる余裕はありませんでした。

彼女は行き場を失ってしまいました。もう辞めてもらうしかないわけです。

でも、私はクビを言い渡すプレッシャーに耐えられませんでした。

クビを言い渡す

彼女が行き場を失って10日後。ようやく彼女を事務所に呼び出して伝えました。

「〇〇さん、申し訳ないけど辞めてくれないかな?」

この期に及んでも、悪者になりきれない私。我ながら情けない。

「それはクビってことですか?」

彼女の方は予感があったようです。ま、わかるよね。

「うん、ごめん」。

私は自分が悩んでいたことを素直に伝えました。

「〇〇さんにどんな仕事をやってもらったらいいか、オレにはわからないんだ」。

コレは私の嘘偽りのない思いでした。

彼女には1ヶ月の猶予を与えましたが、3日後に退職しました。

クビにした後も…

彼女はもう、私とは会いたくないだろうと思いました。理由はどうあれ、私は彼女を傷つけたのですから。

しかし、彼女は私の店の近くで次のアルバイト先を見つけました。私の店にもよく遊びに来ました。そしてパソコンも私の店で買ってくれました。

どうして彼女はクビにされた店に遊びに来て、パソコンを買ってくれたのでしょうか?

「自分が悩んでいたことを素直に伝えたため」と言うのは自惚れすぎでしょうか?

■ 店作りの本音を知りたくはないですか?

はっきり言ってブログに書いていることは建前が多いです。だって、ブログだと、お客様も見るかもしれないじゃないですか?! 店作りの本音は毎週火曜日配信のメールマガジンでお読み下さい。

● メルマガに登録すると…

ブログの更新チェックって面倒ですよね? メルマガに登録すると、ブログ更新をメールでお知らせします。

店長養成講座メールマガジンを購読するには、こちらで登録してください。

PR

おすすめ記事

PR

関連記事