スポンサーリンク

コンビニ本部が知らない「方法」とは?

売上の作り方です。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

コンビニ本部はブランディング、マーケティング、マーチャンダイジングは知っています。

しかし、売上の作り方は知らないです。

売上の作り方とはいわゆる販売の基本ことです。

スマートな本部スタッフには縁のない、泥臭い世界です。

なぜ知らないと断言できるのか?

無意味なチラシ

私はコンビニオーナーさんに、本部担当が作ったチラシを見せられて驚いたことがあります。

そのチラシはこんな感じ。

A4用紙を横に使い、モノクロで、全面に店舗の外観の写真があり、下に、店の連絡先、地図があり、上にキャッチコピーがありました。

「この街の未来のために」

はあ~?

まるで大企業のイメージ広告です。

イメージ広告は名前を売る広告です。そのような広告は税金対策が必要な会社がやるモノです。チラシを配る必要に迫られたコンビニがやっていいチラシではありません。

オーナーさんはカッコ良くて気に入っていたようですが、私は「お止めなさい」とアドバイスしました。

なぜ私は止めるように言ったのでしょうか?

店長養成講座で学んでいるあなたはおわかりだと思います。

私たちがチラシを配る理由は、お客様に来てもらうためです。

そのためには、割引やプレミアムが必要です。限定が必要です。そして効果を測定できる仕掛けが必要です。

本部担当が作ったチラシには何もありませんでした。こんなチラシ、お金をドブに捨てるようなモノです。

売上の作り方を知らない理由は、この事実だけで十分でしょ?

知らなくても困らない

ただ、本部スタッフにも同情できる部分はあります。

コンビニは店作りの基本を徹底すればそこそこ売れるからです。

売上の作り方など知らなくても困らないと言うわけです。

しかし、チラシを入れるような事態となると話は変わります。

店作りの基本だけではどうにもならなくなっていると言うことです。

こんな時に頼れるのが売上の作り方です。

売上の作り方についてはブログやメルマガを読んで下さい。

まとまったモノが必要ならこちらにあります。

ブログには書けない、
販売と集客の本当のことはメールマガジンで!

「え? ブログにはウソが書いてあると言うこと?」
いいえ、さすがにそうではありません……

続きはココをクリック

タイトルとURLをコピーしました