高く売るときに注意したいたった一つのこと

PR

価格に見合った価値を提供できているかと言うことです。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

売上アップを図る方法の一つが高く売ることです。

私たちが高いお金を請求できるのがサービスです。

私のかつてのライバル、PCデポはハードではなく、サービスで稼いでいます。

もっとも、PCデポはやり方がまずくて叩かれましたけどね。

サービスの価格は自由に決めることができます。

ただし、価格に見合った価値を提供できていないと叩かれますから要注意です。

※今日の記事は90%余談です。忙しい方は読まない方がいいと思います。あっ、「いつもそうだろ!」という突っ込みはなしで…。

名義変更しました

月曜日に我が愛車オペルアストラの名義変更を行いました。’99年に亡くなった父の名義だったのを私のに変えました。

購入資金は私がキャッシュで払いました。だから、実質的な所有者は私です。

ただ、諸々の契約の都合で名義だけ借りたわけです。

で、父が亡くなったとき、自動車の相続手続きを調べたら、とてつもなく面倒くさそうでした。

20年

ま、そのうち買い替えるから…と思って気づいたらもう20年乗っています。

経年劣化によるトラブルはあるものの、エンジンや足回りはまだまだしっかりしています。さすがドイツ車、ムダに頑丈です。

それでも何度か買い替えようと思って中古屋ディーラーを訪れたことがあります。その度にディーラーに「こんな状態がいい中古はない」と言われます。

そんなわけで未だに乗り続けています。

ただ、つい最近知ったのが「名義を変えないといろいろ面倒」だと言うこと。売るにしても、廃車にするにしても。

そこでようやく重い腰をようやく上げました。

名義変更をやろうと。

ウェブで調べる

早速ウェブで調べました。

相続の名義変更の代行で10450円と言う業者がいました。

私は超が付くほどの面倒くさがりです。それでできるなら払ってしまおうと思いました。

ただ、書類はこちらで用意しなければならないと言うこと。

その業者のウェブにしたがって書類を用意しました。

査定書

私のケースでは査定証が必要とのこと。

複数の相続人の中の1人が車を相続をする場合は、通常は相続人全員の実印を押した遺産分割協議書が必要。相続人全員に実印を押印してもらい、印鑑証明を用意してもらう必要がある。

しかし、査定価格が100万円以下の場合は「遺産分割協議成立申立書」を使った簡易な方法で名義変更をすることができる。

査定証が必要だが「遺産分割協議成立申立書」には他の相続人の実印は不要で相続人だけの実印でOK。

査定証は「日本自動車査定協会で出してもらえ」とありました。

でも、調べてみると、遠い、時間が掛かる、高い、の三役揃い踏み。とても頼む気になれません。

そこで役所のページを見てみました。

そこには「査定金額がわかればいい」と書いてありました。

私は修理でお世話になっている業者さんにダメ元で「査定書、出してくれない?」と頼んでみました。

すると「いいですよ」。査定書は金曜日に手に入りました。

他の書類も用意

そして週が明けて月曜日。

遺産分割協議成立申立書をPCで作って印刷。

そして往復2時間かけて、本籍地の市役所に行って戸籍謄本を出してもらいました。

そのあと、地元の市役所で印鑑証明を出してもらって書類は揃いました。

ココまでやる頃には、もう10450円を払う気はなくなりました。

だって、陸運局は市役所から20分で行けるから。

合計4つの書類を持って陸運局へ。

陸運局の近所にある代書屋さんで、2350円払って申請書を作ってもらいました。

手続きは陸運局の窓口に書類を出すだけ。10分で終わりました。

面倒なことをお客にやらせて10450円?

面倒なのは書類を用意することの方でした。

面倒なことをお客に全部やらせておきながら10450円は不当に高いと私は感じました。

ま、相続による自動車名義変更など、一生に一度、あるかないかです。コレを「高い」と指摘する人は少ないでしょう。実際、ネット上にそういう声は見つけられませんでした。

しかし、お客様の中には、声の大きい人がいるかもしれません。

「相続による自動車名義変更の代行が10450円は不当に高い」とブログに書く、私のようなヤツが。

全部やってくれるなら喜んで10450円くらい払ったはず。でも、そうではないと私は知ってしまいました。

そんな万が一に備えるため、サービスに価格を付けるときは、次の基準に従うことをお勧めします。

お客様が自分でやると面倒なことは高く、そうでないことは安く、価格設定してください。

コレを守ればPCデポのようなトラブルは避けることができるでしょう。

■ 店作りの本音を知りたくはないですか?

はっきり言ってブログに書いていることは建前が多いです。だって、ブログだと、お客様も見るかもしれないじゃないですか?! 店作りの本音は毎週火曜日配信のメールマガジンでお読み下さい。

● メルマガに登録すると…

ブログの更新チェックって面倒ですよね? メルマガに登録すると、ブログ更新をメールでお知らせします。

店長養成講座メールマガジンを購読するには、こちらで登録してください。

PR

おすすめ記事

PR

関連記事