スポンサーリンク

店長とアルバイト、無責任なのはどっち?

私は店長の方が無責任だと思うのですが…。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

「明日から来ません!」

コンビニでアルバイトをしていた啓太君は、店長にそう言い残して店をあとにしました。

なぜ、彼は「明日から来ません!」と過激なことを言い出したのでしょうか?

スポンサーリンク

啓太君

啓太君は去年秋田から東京の大学に進学しました。

東北の人には実直で真面目な人が多いです。

啓太君もそのタイプで、しかも体も丈夫。

欠勤はもちろん、遅刻したこともありませんでした。

彼は曾祖母まで同居している大家族で育ちました。

そのせいか、お年寄りの常連客にかわいがられていました。

その上、仕事は丁寧でミスらしいミスはしたことがありません。

私が店長だったら喉から手が出るほどほしいアルバイトです。

しかし、そのコンビニの店長は違ったようです。

「試験中は休ませてほしい」「ダメ」

去年の8月。

啓太君は9月に1週間休ませてほしいと店長に申し出ました。

「君も試験か?」と明らかに不機嫌な様子。

「はい」と啓太君。

「困るんだよなあ。その週、人がいないんだよ。みんな試験でさ。悪いけど許可できない」

「出勤すると試験が受けられないんですけど」と啓太君が言うと「追試を受ければいいだろ」と店長。

温厚な啓太君もコレにはムッとしました。

「学生の本分は勉強ですが」

「君に給料払っているだろ?給料もらっている以上、君もプロなんだよ。プロなら店全体のことも考えるべきだぜ」

この身勝手な言い分に啓太君の気持ちはキレてしまいました。

「勉強を犠牲にしてまで働きたくありません。今日で辞めます」

コレには店長がキレました。

「そんな無責任なことが許されるわけないだろ!辞めるのは許さない。どうしても辞めるというなら損害賠償を請求するぞ」

啓太君はそんな脅しにひるむことはありませんでした。

「明日から来ません!」と言い残して店をあとにしました。

シフトが回らないのは店長のミス

しかし、まあひどい店長がいるものです。

そもそも、シフトを組むのは店長の仕事です。

シフトが回らないのは従業員のせいではなく、店長のミスです。

大学生のアルバイトがいることはわかっているはず。試験期間は休みを与えなければならないことも。

だったら、あらかじめ試験期間を聞いておくべきでしょう。

それに併せて前からシフトを調整しておけば、何の問題もなかったはずです。

コレ、どう考えても無責任なのは店長でしょう。

シフトを組む前に注意したい4つのこと

あなたは無責任な店長になりたくはないですよね?

また、こんなつまらないことで、優秀な人材を失いたくないですよね?

それなら、シフトを組む前に、次の4つに注意してください。

最低人員にしない

売れない店は最低限人員にしがちです。

しかし、最低人員では店の質が著しく劣化します。劣化したら最低人員でも利益が出なくなります。

最低人員にするより、売上を上げる手を打つべきです。

もし、売上の上げ方がわからないなら、今スグこちらを読むべきです。

休みがほしい日をあらかじめ聞いておく

たとえば、子育て中の主婦なら帰省するのでお盆休みがほしいとか。

パート・アルバイトの構成を偏らせない

たとえば、子育て中の主婦ばかりだと運動会のとき、人が足りなくなります。

大学生、高校生、主婦/主夫(子供なし、子育て中、子供が中高生、子供が大学生、子供が独立)、フリーターをバランスよく採用し、時間帯も固まらないようにしましょう。

休みが重なりがちな日はインセンティブを出す

たとえば、正月3が日、お盆休み、クリスマスイブなど。

私がいた店は正月3が日に出勤すると1日5千円のお年玉がもらえました。若い社員やアルバイトは競って出勤したがりました。休ませる方が大変でした。

まとめ

この4つに注意すればシフトを組むのが少しは楽になるでしょう。

ところで、この啓太君、今は別のコンビニで働いています。今の店長は尊敬できる人だと言うことです。

ちなみにその店長は……言うまでもないですよね。

今さら聞けない売上の作り方

店長養成講座の新教材「今さら聞けない売上の作り方」を今日12月8日(日)までに申し込むと特別価格で購入できます。

お客様が来ないと悩んでいる方へ

効果実証済みの集客ツールは必要ではありませんか?
間もなく申し込みは終了です。

今スグチェックする

ブログには書けない、
販売と集客の本当のことはメールマガジンで!

「え? ブログにはウソが書いてあると言うこと?」
いいえ、さすがにそうではありません……

続きはココをクリック

タイトルとURLをコピーしました