スポンサーリンク

陳列の3分の2ルール

陳列する商品量はコレが基準です。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

あなたは陳列の3分の2ルールというのを知っていますか?

このルールを知らないと、見栄えが悪くなったり、お客様が商品を見にくくなったり、取りにくくなったりします。

見栄えが悪く、商品が見にくく、手に取りにくい陳列だとどうなるか、わかります?

売れないです。

これらの問題は陳列の3分の2ルールを知っていれば防ぐことができます。

陳列3分の2ルールとは、陳列する商品量を陳列可能量の3分の2を基準にするというルールです。

棚陳列の場合は、上下の棚の3分の2の高さまで商品を陳列します。

平台陳列の場合は、平台の3分の2の面で商品を陳列します。

ハンガー陳列の場合は、ハンガーバーの3分の2の範囲でハンガーを配置します。

なぜ、3分の2なのでしょうか?

3分の2を基準にするだけで、見栄えが良くなり、お客様が商品を見やすくなり、手に取りやすくなります。

陳列する商品量は陳列可能量の3分の2と覚えておきましょう。

また、3分の2以上と以下で陳列の印象は変わります。

3分の2を超えると商品が詰め込まれたように見えます。

詰め込まれた商品は安っぽく見えてしまいます。

したがって、特売品や消耗品など、安く見せたい商品は3分の2以上陳列しましょう。

では、3分の2より少ないと商品の価値は上がるのでしょうか?

そうなることもあります。

しかし、陳列のボリューム感がなくなります。

私は陳列する商品量を3分の2以下にするのはお薦めしません。

商品の価値を高めるならもっと良い方法が他にあるからです。

したがって、店長養成講座版の陳列の3分の2ルールは次の通り。

  • 陳列する商品量は陳列可能量の3分の2を基準とする。
  • 安く見せたい商品は3分の2以上でも可。
  • 3分の2以下はNGとする。

スポンサーリンク

今さら聞けない売上の作り方

店長養成講座の新教材「今さら聞けない売上の作り方」を12月16日(月)までに申し込むと特別価格で購入できます。

お客様が来ないと悩んでいる方へ

効果実証済みの集客ツールは必要ではありませんか?

間もなく申し込みは終了です。

今スグチェックする

ブログには書けない、
販売と集客の本当のことはメールマガジンで!

「え? ブログにはウソが書いてあると言うこと?」
いいえ、さすがにそうではありません……

続きはココをクリック

タイトルとURLをコピーしました