スポンサーリンク

「どうしたらいいですか?」はNGワード

「どうしたらいいですか?」と聞いても答えは得られないからです。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

あなたは上司に相談事をする時、「どうしたらいいですか?」と聞いていませんか?

悪いことは言いません。

その習慣は今スグ止めて下さい。

なぜなら、人は、考えることはストレスだからです。

「どうしたらいいですか?」と聞いた瞬間、あなたは上司にストレスを与えたことになります。

ストレスを与えられた上司は解消するためにどうすると思います?

ストレスのはけ口は、ストレスを与えたあなたに返ってくるのです。

「部長、今日、機嫌悪いのかな?」

その原因は自分だったという笑えないオチです。

それに「どうしたらいいですか?」に対する答えは2つしかありません。

我慢強い上司なら「あなたはどうしたらいいと思う?」、虫の居所が悪い上司なら「自分で考えろ!」と一喝されるかのどちらかです。

「どうしたらいいですか?」で答えがもらえるのは新人だけなのです。

それなりの経験を積んだ人間は「どうしたらいいですか?」などと聞いてはいけないのです。

え?上司に相談するなってコト?

まさか!

上司にもらうのは答えではなく、許可なのです。

たとえば、あなたがお客様が来なくて困っているとします。

かと言って「お客様が来ないのですがどうしたらいいですか?」と上司に聞くのはNGです。

「どうしたらいいですか?」に答えが返ってくるはずがないのです。

この場合は、「お客様が来ないので割引券を配りたいのですが?」と上司に許可をもらうのです。

このように具体的なアイデアをぶつければ、イエスかノーかの答えが返ってきます。

あまり大きな声では言えませんが、アイデアを持って行った場合、ノーと言われることはまずありません。

だって、もし「ノー」と言ったら、自分がアイデアを出す必要に迫られるかもしれないからです。

それだけアイデアを生み出すのは大変だと言うことです。

「どうしたらいいですか?」はあなたの部下に対してもNGワードにしましょう。

「どうしたらいいですか?」ではなく「○○をやりたいのですが?」と聞くように指導しましょう。

そうすれば部下が自分で考えるようになります。

あなたが与えるのも、答えではなく、許可にしてください。

ただ、あなたがノーと言うのは大変になりますけど。

「もっとお客様がほしい」店長さんへ

無料で「お店集客ツールキット」を差し上げたいのですが……
受け取って頂けますか?

コメント