スポンサーリンク

「2階の利用率が上がりません」

コレを言うと10人中8人に怒られますが…。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

山田さんから「2階の利用率が上がりません」というメールを頂きました。

山田さんは2階建てコンビニの店長さんです。

コンビニで2階建てというのは珍しいですよね?

私はまだ一度もお目に掛かったことがありません。

そんなお店が2階にお客様を上げるにはどうしたらいいのでしょうか?

「○○で唯一2階のあるコンビニ」を差別化に使うのはどうでしょうか?

○○には地域名を入れます。可能な限り広い方がいいです。

北千住よりは足立区、足立区よりは東京都、東京都よりは関東といった具合に。

「○○で唯一2階のあるコンビニ」をキャッチコピーにしてポスターを作り、店頭に貼ります。

店内のお客様が滞留する場所にもPOPを貼ります。

レジ、雑誌、ATM、トイレも忘れずに。

名刺にも「○○で唯一2階のあるコンビニ」を入れます。

私だったらやるのはココまでです。

2階は差別化のネタとしてだけ使って後は放置します。

なぜなら2階にお客様を上げるのは難しいことだからです。

お客様が階段を上るという苦痛に耐えてまで見たい商品、買いたい商品を提供しなければならないのです。

コンビニの商品の場合、タバコ、酒、雑誌、本くらいしか私は思い当たらないです。

だからと言って、これらを2階に持って行くとなったら、関係者を説得する労力がバカになりません。

たとえ実現できたとしても売上への影響は微々たるモノです。

つまり、2階の利用率を上げるのは割に合わない仕事なのです。

そんなことに頭と時間を使うなら1階でもっと売ることに集中するのがお勧めします。

何てったって、売上を作るには、売れる商品を、売れる場所で、もっと売ればいいのですから。

ブログには書けない、
販売と集客の本当のことはメールマガジンで!

「え? ブログにはウソが書いてあると言うこと?」
いいえ、さすがにそうではありません……

続きはココをクリック

タイトルとURLをコピーしました