スポンサーリンク

わかりにくい説明をする人は○○○が悪い?

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

「売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと」をお読みになった、金沢さんからは「現場の人だからこそのわかりやすさですね」という感想を頂きました。

金沢さんの感想は次の通りです。

8つのこと、は、確かに全部知っていました。

それでもこれほどわかりやすく説明してくれた人はいませんでした。現場の人だからこそのわかりやすさですね。

要はこれをやればいい、とやることがはっきりしているので取り組みやすいのだと思います。

金沢さん、ありがとうございます。

でも、現場の人=わかりやすいわけではないんですな、コレが。

こんなことを言うとブーメランが怖いですが…。

わかりにくい説明をする人って、周りの人がそうさせているところがあります。

その人が上司だったら「説明がわかりにくい」とは言いにくいですしね。

でも、わからなかったら「わからない」と言わないと。

損をするのは自分ですから。

たとえ上司の機嫌を損ねても。

わからないから「できない」のは、上司の機嫌も損ねますが、売上も失うわけで。

「わからない」という方が失うものは少ないはずです。

私がパソコンを売っていた頃、お客様に「あなた、何を言っているかわからない。ちゃんと説明できる人に変わって!」と言われたことがあります。

まだ若かった私は傷付きました。

セールスマン失格と宣告されたようなモノです。それもお客様に。

商品説明がわかってもらえないのは販売以前の問題です。

それでも「相手にわかってもらえない説明は無意味」と早い段階で気付けたことはは私の財産です。

そんな私の経験から生まれた、「売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと」は「8つの基本」をわかりやすく、取り組みやすく、アレンジしたものです。

「売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと」の詳細と申し込みはこちらからどうぞ。

3ヶ月以内に売上不振から抜け出す方法とは?

受付は今日11月25日(月)まで。
急いでチェックしてください。


ブログには書けない、
販売と集客の本当のことはメールマガジンで!

「え? ブログにはウソが書いてあると言うこと?」
いいえ、さすがにそうではありません……

続きはココをクリック

タイトルとURLをコピーしました