スポンサーリンク

「POPには気の利いたことを書かなければならない」?

必要なコトを書けばいいんです。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

「POPには気の利いたことを書かなければならない」と言うのは、売れた事例で、書店やCDショップのPOPが取り上げられたことが理由の一つでしょう。

確かに、趣味性の高い商品の場合は文章のセンスが問われます。

だからと言って、POPには気の利いたことを書かなければならないわけではありません。

POPにはお客様がこの商品を気に掛ける理由を書けばいいのです。

たとえば、安くなっていてお得ならそれを書けばいいです。

ただし、どう言えばお得感が伝わるかは考える必要があります。

たとえば、購買頻度が高く、誰もが相場を知っているなら価格を書けばいいです。

たとえば「タマゴ10個入り198円」と言った具合に。

そうでない場合は「500円値下げしました」とか、「通常価格980円を20%引き」、または「この棚の商品すべて88円」と言った具合です。

また、値引きが今日だけなら「本日限り5千円引き」と言った具合です。

「本日限り○○」というパターンのPOPは未だに効果があります。

では「本日限り○○」って気が利いていますか?

違いますよね?

使い古された表現です。手垢でベッタベタです。

それでも売れる言葉なのです。

「POPを付けると売れるのか?」と思う人は「本日限り○○」からはじめて下さい。

POPで売れることを実感できるでしょう。

「もっとお客様がほしい」店長さんへ

無料で「お店集客ツールキット」を差し上げたいのですが……
受け取って頂けますか?

コメント