セールス

「POPをそのままパクったら売れました」

それで売れるならどんどんパクって下さい。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

早速「売れる商品をもっと売る方法」を試した、赤沢さんから「POPをそのままパクったら売れました」との報告を頂きました。

赤沢さんがパクったのは「売れるPOPに使える7つの価値」の中で紹介している、ある文例です。

それをそのままPOPの見出しに使ったところ、1日の平均10個(売価980円)が、いきなり倍の20個売れたとのこと。

ただ、赤沢さんのメールはネタバレが多すぎて紹介できないです。

赤沢さん、もし次回、報告を頂ける場合は、読んだ人をその気にさせるように書いてみて下さい。

セールス・メッセージを書く練習にもなってお得です。

もしかしてあなたはコレを読んで「そんなうまい話あるはずがない」と思いました?

そう思ったあなたはPOPのパワーを舐めすぎです。

適切なセールス・メッセージならこのくらいは普通に売れます。

ところで「売れるPOPに使える7つの価値」とは商品の付加価値です。

この7つの付加価値は商品固有の付加価値ではありません。

すべての商品が持っている(可能性がある)価値です。

一方、商品本来の価値は使用価値と言います。

おそらく、使用価値に訴えた方が売上は上がります。

ただ、適切な使用価値を見つけるのと言葉にするのは難しいです。

「売れる商品をもっと売る方法」では、使用価値を見つけて、メッセージにする方法を紹介してはいますが。

その点、この7つの付加価値は、そこそこしか売上は上がらないかもしれませんが、見つけるのも、言葉にするのもカンタンです。

7つの価値、それぞれに文例があります。

コレをアレンジして使えば良いし、面倒ならそのまま使っても良いです。

売れるPOPを作りたいなら「売れるPOPに使える7つの価値」を使うのが一番カンタンでしょう。

あなたもぜひPOPを使って売上を上げて下さい。

そして結果が出たらぜひ私に報告して下さい。

ご報告はブログで紹介させて頂きます。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

こちらの記事もどうですか?

  1. 「今さら聞けない売上の作り方」にコンテンツ追加

  2. リアル店舗がインターネット通販を始めるもっともカンタンな手順

  3. 見やすい陳列を行なうには?

最近の記事

  1. 売りたいならタマを持て

  2. 店作りの基本を無料で学びたいなら……

  3. なぜ、あなたの店は前年割れするのか?

  4. 法人に売るのがカンタンな3つの理由

カテゴリー

TOP