スポンサーリンク

日用品を扱う店のための顧客リストの作り方

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

顧客管理の話には皆さんあまり興味がないようで…。

アクセス数が通常の記事の3分の1しかありません。

そういう人は、楽して売上を上げたいと思わないのでしょうか?

顧客リストに売るのが一番カンタンなのに?

正直言って理解できません。

ま、「××」は無視して。

私は必要な人に役に立つ情報をお届けするだけです。

今日のテーマは日用品を扱う店のための顧客リストの作り方です。

スポンサーリンク

なぜ、日用品を扱う店のためなのか?

どうして「日用品を扱う店のための」なのか?

接客販売する店が顧客リストを作らない/作ることができない理由はないです。

と言うか理解できません。

したがって、今回は日用品を扱う店(コンビニ、食品スーパー、ドラッグストア)が顧客リストを作る方法をご案内します。

「このような店は顧客リストを作る意味がない」と思う方は先にこちらを読んで下さい。

顧客リストを作る意味があると理解して頂けましたか?

それでは日用品を扱う店のための顧客リストの作り方です。

連絡先の記入欄があるものは必ず記入して頂く

役に立つ顧客リストとは、誰が、いつ、何を買ったかがわかることです。

この3つの中で重要なのが「誰が」です。

「誰が」とは、お客様に連絡が取れる情報でなければなりません。

なぜ、連絡先が必要なのかわかります?

たとえば、昨年クリスマスケーキ料理を注文したお客様は、今年も注文して頂ける可能性があります。

ただ、私たちが何もしなければ他の店で注文してしまうかもしれません。

同じチェーンなら商品はどこで買っても同じですからね。

それでも、連絡先がわかれば、クリスマスケーキの案内と申込書を送ることができます。

ご注文は「小宮商店」でと付け加えれば、他ではなく「小宮商店」で買ってもらう可能性が高くなるということです。

もちろん、チェーンストアにはポイントカードがあって、誰が、いつ、何を買ったかがわかります。

しかし、このような情報に現場がアクセスするのは容易ではありません。

そこで売場で、誰が、いつ、何を買ったかを調べる必要があります。

現実的に考えて、レジでできることではありません。

高額商品ならできます

それでも、高額商品なら可能です。

たとえば、ギフトの場合、注文書に名前、住所、電話番号を記入して頂きます。

また、保証書のある商品には、名前、住所、電話番号の記入蘭があります(保証書がなければ作ればいいと言うことです)。

お客様に記入してもらって控えを保存します。

コレで、誰が、いつ、何を買ったかがわかります。

この3つがわかれば、もっと楽に売上が上げられます。

売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと

あなたは全部わかりますか?

答えはこちらにあります。

ブログには書けない、
販売と集客の本当のことはメールマガジンで!

「え? ブログにはウソが書いてあると言うこと?」
いいえ、さすがにそうではありません……

続きはココをクリック

コメント

タイトルとURLをコピーしました