スポンサーリンク

パートがある社員を無視して困っています

私は経験ないのですが……。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

海野さんから「部下の人間関係に困っています」というメールを頂きました。

パートのおばちゃんがある社員を徹底して無視しているとのこと。

会話を交わすことはもちろん、挨拶すらしないのだそうです。

あなたのお店ではこんなことありませんか?

よくあるようですね。

曖昧な言い方で申し訳ないですが、私の現役時代にこんな経験はないです。

「無視」なんて小学生で卒業するものだと思うんですけどね。

私が店作りのサポートをはじめたばかりの頃、部下同士の人間関係で困っている店長が多くで驚いたのを覚えています。

と言う話をすると「それはあなたが部下に恵まれていただけだ」と言われました。

そうかもしれません。

私は部下にも、お客様にも、社長にも恵まれていたのかもしれません。

だから、売上を上げることに専念できたのかもしれません。

こんなことで悩んでいたら売上アップになんか頭が回らないですよね。

どうすればいいのでしょうか?

方法は2つしかありません。

一つは、人間関係のような厄介事には端から関わらないことです。

実は、私が部下の人間関係で困らなかったのは、その手の話を受け付けなかったからとも言えるのです。

私はことある毎に次のように言っていました。

「オレに恋愛と人間関係と人生の相談はするな!俺は人様にアドバイスできるような器ではない」

こう言っておくと、少なくても私のところに厄介事はやってきません。

私は売ることに専念できると言うことです。

ただこの方法には一つ問題が。

私のように元々冷酷に見える人間が言うのは納得されやすいですが、やさしそうに見える人間が言うと衝撃があります。

あなたが既に面倒見のいい部分を見せている場合はこの方法は使えません。

その場合は、徹底的に付き合うしかありません。

あなたの部下はあなたが解決してくれると思っているからです。

面倒ですが期待に応えてあげるしかないです。

個別に面談し、セールス・テクニックの「質問」を使って、「なぜ無視するのか?」、「なぜ無視されるのか?」を徹底的に追求しましょう。

コレまでアドバイスした経験から言えるのは、人が人を嫌いになる理由は誤解が99.9%です。

ちなみに、売場でもっとも多い誤解は優先順位の違いから来るものが多いです。

人間関係のトラブルに困っているなら、あなたが間に入って誤解を解いてあげましょう。

本当は当事者同士がちゃんと話し合ってくれたらいいんですけど…。

「お客が来ない」とお困りの店長さんへ

無料で「お店集客ツールキット」を差し上げたいのですが……
受け取って頂けますか?

コメント