スポンサーリンク

店員は売場にいること

スポンサーリンク

バックヤードにいても1円にもならんのです。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

「店員が売場にいる」のは店作りの基本中の基本です。

「小宮さん、さすがにそれはレベル低すぎじゃ?」

いやいや、ショッピングセンターを歩けば売場に店員がいない店、普通に見かけます。

普通に見かけると言うことは「店員が売場にいる」という基本を知らないと言うことです。

店長も副店長も、それが悪いことだとは思っていないのでしょう。

館の人も同じでしょうね。

館の人が知っていたらとっくに注意されているでしょうし。

私が見させて頂いた某SCのあるお店もそうでした。

10時開店と同時に店に行ったら20坪の売場に誰もいませんでした。

驚きました。売場に店員がいないなんて!

私なんかは「無能でもいいから売場にはいろ」と言われたものですから。

その店の店長さんへの質問は自然にこうなりました。

「どうして売場に店員がいないのですか?」

店長さんの答えは「この時間帯、お客様がいらっしゃらないので。この時間を使ってバックヤードの整理をやっているんです」とのこと。

このお店の場合、10~11時まで、女性二人だけ。

バックヤードには重いものもあるので、二人がかりで片付けているのだそうです。

決して裏でサボっているわけではないようです。

「それでも売場に人がいないのはまずいのでは?」

「どうしてですか? お客様が見えたかどうかは注意しているし、そもそもお客様はいないんですよ?」

「人がいない場所には入りにくいじゃないですか。お客様の入っていない店には入りにくいと思いますよね?」

「まあ、はい…」

「でも、外から見ただけでは本当にお客様かどうかはわからないですよね? アパレル系のお店なら制服も着てないし」

「はい、確かに」

「つまり、お客様でも店員でもいいので、売場には人の気配が必要だと言うことではないでしょうか?」

「そうかもしれないですね…」

「他のお店も見てきましたけど、確かにお客様は少ない、でもゼロではないです。お隣のお店にはお客様がいましたから。店長のお店とお隣の店、ターゲットは異なりますか?」

「いいえ、かなり近いです。館がそういうコンセプトで(店を)集めてますから」

「だったら、なぜあのお客様は、店長のお店ではなく、隣のお店に入ったのだと思います?」

「売場に店員がいたから?」

「その通りです。お隣のお店も接客より準備優先という感じでしたが、お隣の店は売場でやっていたんですよ」

店員が価値を生み出せるのは売場にいてこそです。

店員は売場にいるようにしましょう。

また、単価が安い商品を扱っているなら、店員はレジにいるようにしましょう。

店員が売場にいるのは最低限の顧客サービスと言えるでしょう。

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

コメント