なぜ「改装したら売れる」と言う誤解がはびこるのか?

改装して売れるんだったら誰も苦労しないってーの!

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

「売上アップを図るため改装することになりました。売場レイアウトに関して注意するところなどありましたらご指導下さい」

このメールを見て「はあ?」と思いました。

「はあ?」の理由は売上アップと改装がイコールで結ばれていること。なぜなら改装しても売上は増えないからです。

もしあなたが「そんなバカな!」と思うなら、そう考える理由の方に興味があります。

なぜ改装しても売上は増えないのでしょうか?

スポンサーリンク

なぜ「改装したら売れる」と言う誤解がはびこるのか?

売上を上げるには次の4つしか方法はありません。

1.新しいお客様を増やす
2.顧客を増やす
3.たくさん買って頂く
4.高い商品を買って頂く

改装ってこの4つのどれに該当するのでしょうか?

・改装したら新しいお客様は増えますか?
・改装したらリピーターは増えますか?

どちらもノーです。

お客様を増やすにはお客様にアプローチする必要があります。

しかし、改装はお客様にアプローチするものではありません。

改装してもお客様が増えるわけではありません。

・改装したらたくさん買って頂けますか?
・改装したら高い商品を買って頂けますか?

どちらもノーです。

改装しても客単価が上がるわけではありません。

強いて言えば、売場作りや陳列の工夫で、たくさん買って頂けたり、高い商品を買って頂けたりします。

しかし、そのために改装は必須ではありません。

改装には売上を上げる要素はないです。

それなのに、なぜ「改装すると売れる」なんて誤解がはびこるのでしょうか?

実は「改装すると売れる」というのは改装で儲けたい連中のミスリードなのです。

「改装すると売れる」はある言葉を意図的に省いています。省いた言葉を足すと、正しくは「改装セールをやると売れる」です。

改装セールは、閉店セール、開店セールに次いで集客効果の高いセールです。はっきり言って、改装で売れるのではありません。改装セールで売れるのです。

だからぶっちゃけ、改装の内容などどうでもいいです。売場を大掃除するだけだっていいんです。売場レイアウトをいじるとしても業界標準に沿ったものにしましょう。店作りにオリジナリティなど必要ないですからね。

カネと手間を掛けるのは改装ではなく、改装セールの方にしましょう。

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

店作り
スポンサーリンク
小宮秀一をフォローする
店長養成講座

コメント