スポンサーリンク

売れる店にしたいならやりたいことをやるな!

おはようございます、小宮です。

売れる店を作りたかったら、あなたのやりたいことをやってはいけません。

なぜなら、売れないのはやりたいことしかやってないからです。

「売れる店にしたい」ってコトは、今は売れてないってコトでしょ?

今やっていることが間違っているから売れないわけです。

売りたいならやりたくないことをやればいいんです。

私が最初に店長をやった店は、消費税増税後から10ヶ月、昨対70%に落ち込んでしまいました。

そのとき私がやったのは売場改装です。

それをやった理由は、当時、私が売場レイアウトに凝っていたからです。

本やセミナーで学んだレイアウトをいろいろ試したくて、7回レイアウトを変更しました。

しかし、レイアウトをいじっても、10ヶ月間、売上は上向かなかったのです。

このやり方が間違っているのは明らかでした。

なぜなら、売れない原因は売場レイアウトとはまったく関係なかったからです。

床は傷と泥で汚れ、店頭ディスプレイのPCは壊れて動かず、棚は商品が満足に補充されずにスカスカ、値札が付いてない商品があちこちにあり、POPが破れたまま放置されていました。

売場は荒れ放題に荒れていました。

こんな店、売れるわけがないのです。

昨対70%でとどまっていたのが奇跡と言えるでしょう。

何を隠そう、私は整理、整頓、清潔、清掃が大の苦手だったのです。

そもそも、事務所の私のデスクが荒れ放題でしたからね。

さらにたちの悪いことに「きれいにして売れるんだったら苦労しない」と部下の前で公言していたのです。

今、こいつが私の目の前にいたら張り倒すかもしれません…。

結局、社長に大目玉を食らって、売場をきれいにするようにした翌月、売上は少しだけ回復しました。

何のことはない、売れない原因は売場が荒れていたことだったのです。

上手く行かないときは、慣れたやり方に頼りたくなるモノです。

4Sが得意な店長は4Sを徹底しようとします。

しかし、4Sが得意なら既に4Sはできているはずなのです。

あなたの店の売上が思わしくないなら、あなたの苦手なところ、やりたくないところに原因があるのです。

あなたの苦手なコトって何ですか?

自分で自覚がないなら、部下に任せてしまう仕事って何ですか?

たとえば、発注を部下に丸投げしているなら品揃えが苦手なのかもしれません。

すると、売れない原因は品揃えにある可能性が高いです。

「何を売って売上を作るか?」を決めるのは担当者ではなく、店長の仕事です。

それを部下に丸投げしたら、何を売ったらいいかわからない売場が出来上がります。

そんな売場、お客様も買いにくいです。

売上を上げたいなら、やりたいことではなく、やらなければならないことを実行して下さい。

苦手なことだったらちょうどいいじゃないですか!

会社のカネで勉強できる絶好の機会ですよ。

なぜ、あなたの店にはお客様が来ないのか?

それはお客様に来てもらう行動をしていないからです。
↓↓↓

あなたは今こんなことをやっているのではありませんか?

無料!店長養成講座10日間メールセミナー

お金を掛けずに、3ヶ月以内に5~30%の売上アップできる方法――店長養成講座の核心的技術のエッセンス――を10日間で学ぶことができます。

今スグチェックする