完全主義は店作りの大敵

おはようございます、小宮です。

「完全主義とは臆病者の言い訳である」と言う言葉があります。

コレは完全主義が陥りやすい罠を説いたモノです

完全主義者は完全になるまで行動しません。

だから行動しない言い訳に使えるわけです。

店の場合、営業していますので行動する言い訳には使えません。

しかし、完全でないことが言い訳になります。

なぜなら、完全にはゴールがないからです

何を持って完全とするかはその人次第なワケで。

店作りの場合、開店して営業しています。

だから、行動しないわけにはいきません。

それでも、店作りにはたくさんの要素があります。

「コレがダメだから」とか「アレがダメだから」とか、「完全ではない」ことの言い訳には事欠かないわけです。

しかし、店作りに完全はあり得ません。

たとえば、店がお客様に提供できる価値は5つあります。

  1. 商品
    商品の質の高さ、品揃えの豊富さなど
  2. 利便性
    買いやすさ、選びやすさなど
  3. サービス
    親切な接客対応、待たせないレジ、個別対応、欲しい商品を揃えてくれるなど
  4. 雰囲気
    店構えや売場作りによる、楽しさ、明るさ、落ち着き、高級感
  5. 価格
    低価格、単純なプライスラインによる、買いやすい価格

この5つの価値には矛盾するモノが多く、すべてを満たすことは不可能です。

たとえば、豊富な品揃えと買いやすさは両立できません。

豊富な品揃えには広い売場が必要です。

しかし、広い売場は商品が探しにくく買いにくいです

また、質の高い商品を低価格で売ることはできません。

低価格で売ることができるのはそこそこの質の商品です。

店作りに完全などあり得ないのです。

だから、店作りに於いても完全主義は臆病者の言い訳と言えます。

ところで、米国には「1ベスト1ベター3アベレージ」という言葉があるそうです。

「店の5つの価値」のうち、最高を目指すのは1つ、より良くは1つ、残り3つは平均点でよしとする、店作りの考え方です。

理想主義的な米国人らしくない、現実的な考え方だと思います。

あなたの店はどの「最高」を目指しますか?

売れる店作りのために最低限やるべき8つのこと

売れないのは店作りの基本ができていないか、基本のレベルが低すぎるからです。

今スグチェックする

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

コメント

タイトルとURLをコピーしました