POSデータを見るのが無意味な理由

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

すいません、タイトルで煽ってしまいました。

タイトルは言葉を省いて過激にしただけです。

もちろん、POSデータを見るのが無意味なのではありません。

POSデータから、アレが売れる、コレは売れないなどと、何かを読み取ろうとすることが無意味なのです。

売上を左右するのは商品の力だけではありません。

売場のどこにどのように陳列されているか?、POPは?、価格は?、従業員がどのように取り組んでいるか?で売上は変わりますし、ライバル店の取り組みにも左右されます。

POSデータではこれらのことはまったくわからないわけです。

こんな少ない情報で何かを読み取るなんて不可能なのです。

では、POSデータを見る意味とは?

POSデータを見るのは、仮説を検証するため、計画をチェックするため、思い付きを現実にするためです。

たとえば、「リンゴの健康成分をアピールすればリンゴのまとめ買いが増えるのでは?」という仮説/計画/思い付きがあったとします。

売場でそのように提案して売ってみます。

で、どうだったか?

それを確かめるために見るのがPOSデータです。

売れたら仮説/計画/思い付きは正しかったと言うことです。その場合は続けて売り込みます。

売れなかったら間違っていたと言うことです。間違っていても気にする必要はありません。

また別の仮説/計画/思い付きを試してみればいいんです。

コレがPOSデータの唯一の使い道です。

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

コメント