スポンサーリンク

「売れる商品をもっと売る」危ない落とし穴

スポンサーリンク

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

売上を作るには売れる商品をもっと売ることです。

では売れる商品とは?

何が売れるかわかったら誰も苦労しません。

それがわからないから商売は面白いわけで。

ただ、「売れた」結果ならデータを見ればわかります。

データで言うと、売れた商品とは売上構成比の高い商品のことです。

売上を上げたいなら売上構成比の高い商品を売ればいいわけです。

ただ、ココには危ない落とし穴があります。

スポンサーリンク

所詮過去の話

売上構成比は、所詮、過去のデータの蓄積です。

過去の傾向が現在も、あるいは未来も、続いている保証はありません。

未来と言っても、私たちの場合は、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後くらいのモノですけど。

なぜならお客様は変わるから。

お客様が入れ替わることもあれば、お客様は同じでも、環境の変化で好みが変わることもあります。

変化について行けない店は市場から退場するしかないです。

変化について行くにはどうしたらいいのでしょうか?

二つ方法があります。

毎日POSデータをチェックする

一つは毎日POSデータを睨んで変化の兆しを見逃さないようにすることです。

この方法は毎日大量のPOSデータをチェックする必要があります。

兆しを見つけてもデータだけでは判断できません。

POSデータでわかるのは売れた事実だけですからね。

売場でどのように展開されているのか、お客様の声や動きはどうなのか、メディアでどのように取り上げられているのか、まで調べてやっと「兆し」とわかるわけです。

ぶっちゃけ、ものすごく面倒です。

あなたにそんな時間はありますか?

「ない!」って人が圧倒的多数でしょう。

一方、もう一つの方法はもっとカンタンです。

売れそうだと思う商品を加えておく

売上構成比を元にした売れる商品のリストに、あなたが売れそうだと思う商品を加えておくのです。

「売れる商品をもっと売る」ために100アイテムを選ぶ場合、売上構成比の高い商品を4割にとどめ、それ以外を6割で構成するのです。

コレが、効率よく売上を上げ、変化にも対応しやすいバランスです。

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

コメント