スポンサーリンク

お客様に支持される店にできるもっともカンタンな方法

お客様を店作りに巻き込むことです。

おはようございます、店長養成講座の小宮秀一です。

お客様に支持されたいなら、お客様のニーズ、ウォンツに真摯に耳を傾けて店作りに生かせばいいです。

え? そんなの当たり前ですって? 本当に?

では、あなたのお店、常日頃、お客様の声を聞いていますか?

たとえば、お客様に「○○はありませんか?」と言われたら、あなたのお店はどうしていますか?

実は、ココにこそ、お客様に支持される店にできる、もっともカンタンな方法のヒントがあります。

「ありません」って答えていませんか?

あなたのお店、○○がなかったら「ありません」って答えてるでしょ?

もちろん、もっと丁寧な言い方でしょうが。

しかし、お客様のニーズ、ウォンツに真摯に耳を傾けて店作りに生かすつもりなら「ありません」で終わりにしていいワケがありません。

だって、「○○はありませんか?」ってお客様のニーズ・ウォンツ丸出しじゃないですか!

他のビジネスの人たちが大金を投じて調べている情報です。こんな貴重な情報を現場が握り潰すのは許されないことなのです。

「○○はありませんか?」と聞かれたときの接客対応は何度も書いています。

しかし、実践報告が1件もありません。たぶん、実践するのが難しいのでしょう。

そこで「○○はありませんか?」に対する新しい対応を紹介します。

「○○はありませんか?」に対する新対応

コレは店員の接客対応に頼るのではなく、店のシステムにしてしまう方法です。

レジ廻りなど、お客様が立ち止まる場所に次のPOPを掲示します。

「あの会社のあの商品を置いてほしい」と言うリクエストはこちらの店長直通メールアドレスへ。

リクエストへのお答えは店長ブログをご覧下さい。

中堅の食品スーパーチェーンでよく見かける店長ポストのメール版です。

ただ、店長ポストの99%は死んでますよね。

その理由は次の4つ。

  1. 書いて持ってくるのは面倒
  2. 書く場所が目立ちすぎる
  3. 不特定多数が触ったペンを使いたくない
  4. 反応がない

1~3はメールにすれば解決できます。

あと大事なのは反応することです。

反応はメールではなく、ブログを使って公開するのがお勧めです。

置けるか、置けないか。置けるならいつから、置けないなら理由を説明します。

お客様を店作りに巻き込む

お客様に支持される店にできるもっともカンタンな方法とは、このようにお客様を店作りに巻き込むことです。

特に品揃えはお客様が口を出しやすいところです。

自分が関わった店を支持したくなるのは自然なことですよね。

スポンサーリンク

今さら聞けない売上の作り方

店長養成講座の新教材「今さら聞けない売上の作り方」を今日12月8日(日)までに申し込むと特別価格で購入できます。

お客様が来ないと悩んでいる方へ

効果実証済みの集客ツールは必要ではありませんか?
間もなく申し込みは終了です。

今スグチェックする

ブログには書けない、
販売と集客の本当のことはメールマガジンで!

「え? ブログにはウソが書いてあると言うこと?」
いいえ、さすがにそうではありません……

続きはココをクリック

タイトルとURLをコピーしました