スポンサーリンク

「売れる商品ばかり売っていると売場がつまらなくなる」?

おはようございます、小宮です。

売上を作りたいなら売れる商品をもっと売ることです。

それに対してよくある質問がコレ。

「売れる商品ばかり売っていると売場がつまらなくなるのでは?」

コレに対する私の答えは何度も書いてますが、今日書きたいのはそれではありません。

どうして「売れる商品ばかり売っていると売場がつまらなくなる」と思うのでしょうか?

それは実際につまらない売場を見たことがあるからかもしれません。

「売れる商品をもっと売る」に似た言葉で「売れ筋に絞り込め」があります。

この言葉を有名にしたのが某社のカリスマ会長です。

もっともこの言葉、カリスマ会長が最初に言ったわけではありません。

小売店の経営者はみんな同じことを言っています。

あなたの社長もきっと同じことを言っているはずです。

それはカリスマ会長の受け売りではなくて、小売の基本だからです。

ところが、カリスマ会長が経営する某GMSの売場を見ると?

確かに、つまらないです。

こんな売場で売れると思っているなら、カリスマ会長も大したことないと思ってしまいますね。

こんなつまらない売場を作った原因が売れ筋に絞り込んだ結果だとしたら?

「売れ筋に絞り込むと売場がつまらなくなる」と思うのは当然でしょう。

しかし、違うのです。

本当に売れ筋ばかりある売場ならつまらないわけがありません。

だって、多くの人が欲しがっている商品がたくさんあるはず。

あれもいい、これもいいと迷えるのが買い物の醍醐味です。

にも関わらず、売場がつまらないと言うことは?

売場にあるのは「売れ筋」かもしれませんが、「売れる商品」ではないと言うことです。

「売れ筋」はデータを見ればある程度わかります。

一方、「売れる商品」は、売れ筋だけではなく、売れそうな商品、売りたい商品を含みます。

「売れ筋」を売り込むには大して頭を使いません。目立つ場所に目立つように陳列すれば売れます。

だからこそ、売上を上げたいなら、今売れている商品をもっと売るべきなのです。それがカンタンだから。

しかし、売れそうな商品、売りたい商品を売り込むには売場演出の工夫が必要です。

売場演出に工夫があるから売場が楽しくなり、売れそうな商品、売りたい商品が売れるのです。

「売れる商品ばかり売っていると売場がつまらなくなる」と言うのは誤解です。

ただ、「売れ筋に絞り込むと売場がつまらなくなる」のは、そうなる可能性もあると言えるでしょう。

あなたも、今売れている商品をもっと売ることができたら、次は、売れそうな商品、売りたい商品を売り込んで下さい。

そうしないと、あなたの売場もつまらなくなってしまうかもしれませんよ。

つまらない売場にしたくないならこちらが役に立つでしょう。

「もっとお客様がほしい」店長さんへ

無料で「お店集客ツールキット」を差し上げたいのですが……
受け取って頂けますか?

コメント