スポンサーリンク

サイズが様々な商品を見やすく陳列する方法

おはようございます、小宮です。

久しぶりにすぐに使えるテクニックをお届けします。

あなたのお店には同じ商品なのにサイズが様々な商品はありませんか?

このような商品はまとまりが作りにくいので散らかった印象を与えてしまいます。

散らかっていると商品が見にくくなります。

お客は見えない商品を買うことはできません。つまり、売れないってコトです。

サイズが様々な商品を見やすく陳列するにはどうしたらいいのでしょうか?

見やすい陳列のコツはまとまりを作ることです。

色やサイズでまとめるのが一般的ですが、サイズが様々な商品の場合はどうしましょうか?

このようなときはどこかに基準を設けてまとめればいいでしょう。

パソコンショップでサイズが様々な商品と言えばノートパソコン用のキャリングバッグです。

薄型ノートパソコン専用のブリーフケース、重量級ノート専用のバッグ、パソコン以外の収納もできるビジネスバッグ、ジュラルミンケース、リュック等々。

キャリングバッグを見やすく陳列するなら、対応機種やブランド、価格帯は無視して、幅でまとめてみましょう。

幅の狭いモノから広いモノを順番に並べると見やすい陳列にできます。

サイズが様々な商品は幅を揃えて陳列してみて下さい。

ちなみに、深さでまとめない理由はやってみればわかります。

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

コメント