スポンサーリンク

スーパーセールスマンが大切にされない理由

スポンサーリンク

スーパーセールスマンは店にとって極めて重要な存在です。

重要な存在には敬意を払われるのが当然です。

しかし、現実はどうでしょうか?

私たちの店のスーパーセールスマンは売上に見合った敬意を払われているでしょうか?

たとえばスーパーセールスマンに対するネガティブな意見で代表的なのがコレ。

スポンサーリンク

「○○は売るけどクレームが多い」

いくら売ってもクレームが多いヤツは評価しないと言うスタンスです。

コレが如何にバカバカしいか!

ちょっと考えればわかります。

スーパーセールスマンは売っているお客様の数が並みのセールスマンより多いです。

そうでなければ圧倒的な売上は残せないですからね。

つまり、彼、あるいは彼女にクレームが多いのは売っているお客様の数が多いからに過ぎません。

そりゃ、お客様の数が少なけりゃクレームも少なくなりますわ。

それでも、売れないセールスマンを評価するのは「違うでしょ!」って言いたいです。

こんなコト、ちょっと考えればわかることです。

嫉妬するのはわかるけど……

同僚のセールスマンが「○○は売るけどクレームが多い」と言うのはわかります。

彼、あるいは彼女の才能に嫉妬しているからです。

その気持ちはわからないではありません。

スーパーセールスマンの才能に嫉妬するのはモノを売る仕事に関わっていたら避けられないことです。

しかし、店長やマネージャーまで同調してはいけません。

スーパーセールスマンは特別な才能の持ち主なのです。

世の中には才能のある人はたくさんいますが、見る目のある人は圧倒的に少ないです。

幸い、スーパーセールスマンの才能を見つけるのはカンタンです。圧倒的な数字が教えてくれます。

才能を見つけたら、彼、あるいは彼女が育つのを邪魔しないコト、邪魔させないコトです。

同僚の嫉妬から守ってあげることがあなたの仕事です。

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

コメント