スポンサーリンク

なぜ、売りにくい商品を売ったら一流なのか?

「売りにくい商品を売ってこそ一流」とあなたは聞いたことがありますか?

私は「そんな面倒なことはおやめなさい」という立場です。

確かに、売りにくい商品も工夫次第で売れるようになります。

しかし、その同じ工夫を売れる商品にしたら?

今以上に売れるコトは間違いないです。

それなのに、なぜ、わざわざ売りにくい商品を売らなければならないのでしょうか?

それは「売りにくい商品を売ってこそ一流」を言っている人がどんな人かをみればわかります。

バイヤー、コンサルタント、仕入先の営業マン。

バイヤー

バイヤーが「売りにくい商品を売ってこそ一流」と言う理由はカンタンです。

自分のミスを取り繕うためです。

バイヤーの仕事は売りやすい商品を仕入れることです。売りにくい商品を仕入れるなんて失敗もいいところです。

現場にはバイヤーのミスの尻ぬぐいをする義理はありません。

コンサルタント、営業マン

コンサルタント、仕入先の営業マンが「売りにくい商品を売ってこそ一流」と言う理由は明らかです。

彼らに大きな影響を与えているのはメーカーの教育にあります。

元々「売りにくい商品を売ってこそ一流」と言われていたのはメーカーの営業マンです。

メーカーは作ったモノがすべて売れるわけではありません。当然、売れないモノもあるわけです。

もし、営業マンが売りやすい商品ばかり売っていたら?

売りにくい商品は売れ残ってしまいます。

それじゃあまずいんで「売りやすい商品ばかり売っている営業マンは評価しない」がポジティブ変換されて「売りにくい商品を売ってこそ一流」となったのです。

元々はメーカーの営業マンの、ケツを叩くための言葉だったのです。

メーカーの都合など私たちに関係ないですよね?

私たちは売れる商品をもっと売っておけばいいんです。

それでも、どうしても売りにくい商品を売らなければならないときは、一緒に恩も売っておきましょうね。

「お客が来ない」とお困りの店長さんへ

無料で「お店集客ツールキット」を差し上げたいのですが……
受け取って頂けますか?

コメント