スポンサーリンク

「変わらない理由を言わないんだけど?」

おはようございます、小宮です。

10月31日に「変わろうとしなくて困っています」という記事を書きました。

それに対してtakaさんから「変わらない理由を聞いても言わないんだけど?」と言うメールを頂きました。

「新しいことを始めたがベテラン社員がやらない、聞いてみたが特に理由はない」と言うことのようです。

このような場合、ベテラン社員がやらない理由は単純です。

ベテラン社員は、新しいことに抵抗しているわけではありません。失敗を恐れているだけです。失敗したくないからやらないのです。

絶対失敗しない方法はそれをやらないことですからね。

どうしてベテラン社員は失敗を恐れるのだと思います?

良く言うと、ベテランとしての責任感です。

「自分のような立場の人間が失敗するわけにはいかない」と言うような。

責任感の裏にあるのがリストラ(クビ切り)への恐怖です。

失敗するベテランに存在価値はない、とベテランは思っています。それなら若手の方が安上がりですからね。

悪く言うと、ベテランとしてのメンツです。

「自分が失敗したら恥ずかしい」と言うような。

このような思いは恥ずかしくて口には出せません。あなたが察してあげなければならないわけです。

ベテランって面倒でしょ?

でも、何とかとベテランは使いようなんです。

新しいことを始めるときは明確に「失敗してもいい」と伝える必要があります。

新しいことは、新人もベテランも同じスタートラインに立ちます。したがって、ベテランも新人と同じような失敗をするはずです。

新しいやり方なら失敗するのも仕方ありません。誰だって最初からうまくできるわけないんですから。

「初めてやることですから最初からうまくできるわけがありません。失敗してもいいです。ただ、決して止めないで下さい」

成功の反対語は失敗でありません。何もしないことです。

あなたは売上を上げるには
売れ筋を売らなければならないと
思っていませんか?

それは違います。
答えはこちらのメルマガにあります。

続きはココをクリック

コメント